三菱電機のハイレゾ音源再生対応スピーカー「DS-G400」は、ミドルクラスの価格帯でありながら幅広い音域で高音質を実現

■NCV-R振動板をトゥイーターとウーファーに採用

音質に定評のある三菱電機の「DIATONE(ダイヤトーン)」ブランドから、ハイレゾ音源再生対応の2ウェイ埋め込み型スピーカー「DS-G400」が2021年6月8日に発売されます。

同社のフラッグシップモデル「DS-SA1000」に採用されているハイエンド振動板「NCV-R」を、トゥイーター(高音用スピーカー)とウーファー(中低音用スピーカー)に搭載。

三菱電機 DS-G400
三菱電機のハイレゾ音源再生対応の2ウェイ埋め込み型スピーカー「DS-G400」が登場

ハイエンド振動板「NCV-R」とは、チタンやアルミなど、金属をしのぐ高い伝搬速度、紙と同等の内部損失を併せ持つ三菱電機独自の樹脂製振動板素材NCV(Nano Carbonized high Velocity)をさらに高性能化したもので、GSIクレオスと共同開発された素材です。

今回発売される「DS-G400」は、高音から低音までの幅広い音域での高音質化をミドルクラスの価格帯で実現しているのがポイント。NCV-R振動板の採用により、幅広い音域において高精細な音で原音を忠実に再現したとしています。

NCV-R振動板は毎秒6,300 m(実測)の伝搬速度を誇るハイエンド振動板で、トゥイーターとウーファーに採用されています。さらに、振動板素材を揃えることで、高音から低音までの幅広い音域において、高精細な音で原音を忠実に再現するそう。

三菱電機 DS-SA1000
こちらは、「ダイヤトーン」の最上級モデル「DS-SA1000」

また、高性能ウレタンがウーファーエッジの素材に採用されているのもトピックスです。こちらは、ウーファー振動板がスムーズに動くように、フレームとつないで振動板を支持する部材になっています。

ほかにも、制振素材の貼付位置と大きさを最適化することで、音楽信号を再生する際に発生する不要な振動である不要共振を抑制されるそう。不要共振を抑制することにより、聴感上のS/N感(シグナル/ノイズ感。音楽信号に対して雑音の影響が小さく感じられること)が向上し、高音質化を実現に貢献しています。

車載用2ウェイスピーカーの「DS-G400」は、トゥイーター2個、ウーファー2個、ネットワーク2組(4個)から構成されていて、価格は税込み11万円となっています。音楽を楽しむ場として車載空間を大切にしている人やハイレゾ再生が気になる方は、要チェックのスピーカーの登場です。

塚田勝弘