スーパーフォーミュラ・ライツは前半戦を終える。今季5勝の名取鉄平を止めるのは……?

 5月15〜16日、大分県日田市のオートポリスで第3大会が行われた全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権。2021年はこれでほぼシーズンの半分のレースが行われたことになるが、今季はこれまで名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)が5勝を飾りタイトル争いをリードしている。上位陣の2021年のシーズン前半戦をまとめよう。

 スーパーフォーミュラへのステップアップカテゴリーとして、2020年から名称を改め、ダラーラ320シャシーのワンメイクで開催されているスーパーフォーミュラ・ライツ。2021年は多いときで12台、第3大会のオートポリスは10台のエントリーとやや少ないが、それでも上を目指す若手ドライバー、そして速さを磨くマスタークラスのジェントルマンドライバーたちの熾烈な攻防が展開されている。

 残念ながら悪天候のため第9戦が中止となってしまったものの、これまで8戦を終えてランキング首位に立つのは、参戦2年目でここまで5勝を飾っている名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)。シーズン開幕前には「全勝を目指す」と語っていただけに、本人としては不満もあるかもしれないが、そのスピードは文句なしだ。第1大会の富士こそ1勝だったが、特に鈴鹿での3連勝が大きく、現在68ポイントを獲得している。

 名取は雨の第8戦で優勝を飾った後、「第7戦で流れを崩して連勝を止めてしまいましたが、第8戦で優勝して流れを変えることができたと思います」と語りつつ、「引き続き努力して連勝記録を伸ばし、最終戦(第16戦/第17戦ツインリンクもてぎ)までにチャンピオンを決め、スーパーフォーミュラに出られるよう準備をしているので、そこを目指して頑張りたいと思います」という野望も口にしている。

 そんな名取の目標を阻もうと逆襲を期するのは、ランキング2位以下につける強者たち。現在ランキング2位につけるのは、スーパーフォーミュラ第3戦で初優勝を飾ったジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM’S 320)。「今年は勉強の年」と本人は何度も口にしており、これまでポールポジションや優勝は一度もない(先にどちらもスーパーフォーミュラで達成している)が、ここまでまさかのスピンを喫した第2戦以外すべてで表彰台を獲得する高い安定感を誇る。

 アレジの場合、事前に走ったことがあったのはこれまで富士と鈴鹿だけ。第3大会のオートポリス、そして続くスポーツランドSUGO、もてぎは未経験。とはいえ「次戦のSUGOはまだ走ったことがないのでよく分からないけど、いま大事なことはサーキットのことを良く学ぶこと。エンジニアともたくさん話をして、SUGOではもっと前にいきたい」と意気込む。まずは1勝を飾りたいところだろう。

 ランキング3位は、これまで雨がらみのレースで2勝を飾っている三宅淳詞(MAX RACING 320)。その才能はスーパーGTでも多くの関係者が認めるところで、2020年最終戦後のテストで速さをみせチャンスを掴んだが、これまでの勝利でその実力を証明している。ただ、これまではドライでのスピードとスタートで苦戦しており、まずはドライでの勝利を掴みたいところだろう。

 そしてランキング4位は佐藤蓮(TODA FIGHTEX)。2020年はヨーロッパで武者修行を積んできたが、ここまで名取を脅かすスピードを見せつけており、速さという面では今季最もパフォーマンスをみせている。ただ、したたかなレースを展開しているものの、接触など悔しい展開になることも続いており、ここまでまだ1勝。とはいえ、いったん波に乗れば名取にとって厄介な存在になる可能性は高い。

 一方、ここまで思うようなシーズンを送れていないのは、トムスエンジンを搭載する3台。4年目で勝負の年とも言える河野駿佑(RS FINE K&N 320)は、第1大会の富士、第2大会の鈴鹿ともに苦戦。ただスーパーGTでの優勝を経て迎えたオートポリスでは展開にも恵まれ、2戦連続の3位表彰台。「運が良かった」と振り返るが、「良い流れに乗ることは大事だし、その流れに乗っていけばさらに良くなっていける可能性があります」と後半戦の巻き返しを狙う。

 そして、これまで野中誠太が2回、平良響が1回の表彰台に留まっている王者TOM’S勢は予想以上の苦戦と言えるかもしれない。SFに参戦している小高一斗に代わって1号車をドライブしている野中の主戦場はFIA-F4だが、2020年にそのタイトルを獲得した平良にとっては、想像以上の苦戦と言える。悔しいシーズンとなっており、後半戦の巻き返しに期待したいところで、チームも準備を進めているようだ。

 マスタークラスは、今季これまでフル参戦しているのが今田信宏(JMS RACING with B-MAX)しかおらず、取りこぼしがあるものの、シリーズもリードしている。今季はオーバーオールで参戦しているDRAGON(TEAM DRAGON B-MAX 320)との争いも楽しんでいるようで、このままシリーズを制しそうな勢いだ。

 今季のスーパーフォーミュラ・ライツは、6月18〜20日にスポーツランドSUGOで第4大会が、8月27〜28日にツインリンクもてぎで第5大会が、同じくもてぎで10月16〜17日に第6大会が開催される。どんな結末を迎えるか、楽しみにしたい。

2021年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
ポイントランキング(第8戦終了時点)
1 名取鉄平 68
2 ジュリアーノ・アレジ 41
3 三宅淳詞 31.5
4 佐藤蓮 29
5 平良響 20.5
6 野中誠太 14
7 河野駿佑 11.5
8 神晴也 5
9 今田信宏 1

スーパーフォーミュラ・ライツ第5戦鈴鹿を制した名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)
スーパーフォーミュラ・ライツ第5戦鈴鹿を制した名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)
第6戦の表彰台
第6戦の表彰台
スーパーフォーミュラ・ライツ第3戦富士を制した三宅淳詞(MAX RACING 320)
スーパーフォーミュラ・ライツ第3戦富士を制した三宅淳詞(MAX RACING 320)
ジュリアーノ・アレジ(TOM'S 320)と平良響(Kuo カローラ中京 TOM'S 320)
ジュリアーノ・アレジ(TOM’S 320)と平良響(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)
スーパーフォーミュラ・ライツ第2戦富士を制した佐藤蓮(TODA FIGHTEX)
スーパーフォーミュラ・ライツ第2戦富士を制した佐藤蓮(TODA FIGHTEX)
河野駿佑(RS FINE K&N 320)
河野駿佑(RS FINE K&N 320)