モナコGP FP1:レッドブル・ホンダのペレスが首位、フェルスタッペン3番手。母国レースのルクレールはトラブル

 2021年F1第5戦モナコGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは4番手、角田裕毅は9番手となっている。

 伝統のモナコGPが、2年ぶりに戻ってきた。新型コロナウイルスの世界的な蔓延で、昨年のF1カレンダーはメルボルン(オーストラリア)やモントリオール(カナダ)、鈴鹿(日本)、インテルラゴス(ブラジル)など、多くのレースが中止を強いられた。そのなかでモナコが先陣を切って復活したのは、実に明るいニュースだ。市街地コースということで感染対策は常設サーキット以上に厳しい措置が取られているが、それでも1日7500人を上限に、観客も受け入れている。

 普通舗装で路面グリップが低いこともあって、ピレリのなかでは最も柔らかいC3、C4、C5タイヤが投入されている。セッション開始早々、地元モナコ出身のシャルル・ルクレール(フェラーリ)が、「エンジンが壊れている。いや、4速かもしれない」と訴えながらピットに戻って来た。深刻なトラブルだとFP1をふいにしかねない。モナコではこれまでの2戦でいずれもリタイアを喫しており、どうも相性が悪いようだ。

 対照的にチームメイトのカルロス・サインツは、ミディアムタイヤで最速タイムを連発。メルセデスの2台にコンマ7秒以上の大差をつけている。メルセデスがハードタイヤからすぐにミディアムに履き替えたのに対し、レッドブル・ホンダの2台はハードで走り続けている。

 アルファタウリの2台も、ハードで周回を続けている。モナコ初体験の角田にとっては、冷えやすいハードは決して簡単な選択ではない。それでも6番手ガスリーのコンマ7秒落ちで13番手と、何とか食い付いている。

 開始後24分、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が最終コーナーで曲がりきれず、アウト側のバリアに接触。フロントウイングを引きずりながら、1周回ってきた。角田は順調にタイムを縮め、9番手まで順位を上げた。とはいえ7番手ガスリーとの差は、まだコンマ6秒以上ある。

 セッション中盤、フェルスタッペンがハードで1分13秒191を記録しトップに立った。2年前にルイス・ハミルトン(メルセデス)の出したFP1最速タイムよりは、まだ1秒以上遅い。その後ソフトタイヤに履き替えたガスリーが、1分12秒929で首位に躍り出た。角田も6番手と健闘しているが、チームメイトとの差はコンマ8秒に広がった。

 FP1はソフトを履いたペレスが1分12秒487で、移籍後初のトップタイムを出した。0.119秒差でサインツが2番手。3番手フェルスタッペン。この2台はいずれもミディアムだ。4番手ガスリー、5番手ハミルトン、6番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)。メルセデスの2台はハードとミディアムのみで、タイムを出すことを優先していないようだ。

 7番手ランド・ノリス(マクラーレン)、8番手セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、そして9番手に角田がつけた。ルクレールはセッション中に修理が間に合わず、3周走っただけで最下位に終わった。

カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第5戦モナコGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第5戦モナコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第5戦モナコGP ランド・ノリス(マクラーレン)
セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第5戦モナコGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)