スーパー耐久ST-2クラスで開幕2連勝中のKTMSが富士SUPER TEC 24時間へ新車を投入

 5月20日、専有走行が始まったスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第3戦NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース。多くの見どころがあるレースだが、ST-2クラスでは、今季からクラスを移行したKTMSが、第3戦に向けて新車のGRヤリスを投入した。

 2020年にトヨタ86でST-4クラスに参戦を開始したKTMSは、野中誠太、平良響というジュニアフォーミュラで活躍するふたりに加え、KYOJO CUPでもチャンピオンを争う翁長実希という3人の若手がドライブ。シーズン後半にメキメキと実力をつけ、激戦のST-4で表彰台を獲得する活躍をみせてきた。

 迎えた2021年は、新たにGRヤリスを投入しST-2クラスに移行。迎えた第1戦もてぎでは、雨のなか見事クラス初優勝を飾り、さらに第2戦SUGOでも優勝。開幕2連勝でチャンピオン争いをリードしている存在だ。

 そんなKTMSのGRヤリスだが、第1戦もてぎ、第2戦SUGOともホワイトのボディにKTMSのロゴが貼られている程度のシンプルなカラーだった。実はこの開幕2戦で使用していたKTMS GR YARISは、ROOKIE Racingが2020年開幕前のテストで使用していた車両を“借りていた”からなのだ。

 第3戦富士からの投入を目指しKTMSでは車両製作を進めていたが、2月前半にホワイトボディが届き、第1戦もてぎが終わった頃に塗装が完了。そこからメンテナンスを担当するキムインターナショナルで製作が進められてきた。

 完成した新車のKTMS GR YARISは「開幕2戦で使っていたGRヤリスと比べると、ROOKIE Racingが使ってきたものと同様のパーツが多くなっていますが、違いとしてはボンネットはこちらで新しく作ったものです。純正のボンネットにルーバーを開けています」と金敬模代表。

「借りていたGRヤリスの良いところと悪いところ、ROOKIE Racingが走らせていたGRヤリスの良いところと悪いところを省いたりつけ足したり」と新車投入にともない、バージョンアップが図られている。

 タイトなスケジュールのなか、苦労を重ねようやく5月17日(月)にシェイクダウンされたKTMS GR YARISは、配線や制御などの初期トラブルもあったが、5月20日(木)の専有走行までにトヨタの協力もあり、トラブルはほぼ解消した。

「仕上がりは上々です。ドライバーのコメントも良いですし、剛性もある。タイムも良いので、24時間レースが楽しみですね」と金代表。

 今回のNAPAC富士SUPER TEC 24時間レースでは、野中/平良/翁長という3人に加え、ジュニアフォーミュラをはじめツーリングカーでも速さをみせてきた一條拳吾を起用する。速さをもつ若手4人がドライブするKTMS GR YARISが、第3戦富士で選手権リードを広げるのか楽しみなところだ。

新車となりフルカラーリングされたKTMS GR YARIS
新車となりフルカラーリングされたKTMS GR YARIS
KTMS GR YARISに乗り込む前の平良響。奥は金敬模代表KTMS GR YARISに乗り込む前の平良響。奥は金敬模代表
KTMS GR YARISに乗り込む前の平良響。奥は金敬模代表
新車となりフルカラーリングされたKTMS GR YARIS
新車となりフルカラーリングされたKTMS GR YARIS
2021年の富士24時間でKTMS GR YARISをドライブすることになった一條拳吾
2021年の富士24時間でKTMS GR YARISをドライブすることになった一條拳吾
ボンネットには新たにルーバーが設けられた。
ボンネットには新たにルーバーが設けられた。
KTMS GR YARIS(野中誠太/平良響/翁長美希)
第2戦SUGOでのKTMS GR YARIS