インディ500走行2日目はチップ・ガナッシ勢が躍進。琢磨は20番手も順調にプログラムをこなす

 NTTインディカー・シリーズ第6戦にスケジュールされた第105回インディアナポリス500マイルレース。走行2日目となる19日は、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)がトップスピードを記録した。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、116周を走行し、20番手に留まっている。

 30日のインディ500決勝に向けて走行2日目を迎えたインディアナポリス・モータースピードウェイ。前日は午前中に小雨が降るコンディションとなったが、19日は気温が上昇。

 前日より路面温度も上がったトラックをスコット・ディクソンが最速で駆け抜けた。

 ディクソンは、108周を走行。ベストスピードは60周目に記録した226.829mphで総合でも前日のウィル・パワー(チーム・ペンスキー)を上回るスピードとなった。

 4台体制で挑むチップ・ガナッシ勢は、マーカス・エリクソンが4番手、トニー・カナーンが5番手、アレックス・パロウが8番手と全員がトップ10入りを果たした。

 チップ・ガナッシと同じくスピードを見せたのがインディ500の予選で強さを見せているエド・カーペンター・レーシングだ。

インディ500では3度のポールを含む5回のフロントロウグリッドを獲得しているエド・カーペンター
インディ500では3度のポールを含む5回のフロントロウグリッドを獲得しているエド・カーペンター

 コナー・デイリーがディクソンと0.0801秒差となる2番手、オーナードライバーのエド・カーペンターが3番手のスピードを記録している。前戦で初優勝を果たしたリナス・ヴィーケイは11番手となった。

「昨日の方がもう少し快適だった。明らかにトラックの状態は変わっているよ。風向きは特にターン2からターン4がかなり大きく入れ替わった。路面温度も上がっている」

「少し熱くなると、みんながウォッシュアウトして、近づくのが難しくなる。レースを考えると、かなりクールなレースになって、見ていてかなり体力を使うレースになるだろうね。タイトになるよ」とディクソン。

 単独走行ではアレクサンダー・ロッシがトップスピードとなる221.114mohを記録している。

 前日3番手だった佐藤琢磨は、116周を走行し20番手となった。

「また良い一日だったと思います。たくさんのことを学ぶことができました。ブーストを下げた状態で、予選シミュレーションを行いましたが、非常に多くのことを学ぶことができる」

「グループランもとても強かったですね。ダウンフォースが多い場合は、良いスピードで走ることができるけど、レースをリードするのは難しいこと。サンティーノ(フェルッチ)とグラハム(レイホール)も素晴らしいデータを収集したので、ミーティングで確認し、さらに一歩前進することを願っています」と琢磨は振り返った。

 20日も12時から18時までプラクティス走行が行われる予定だ。

ファンに囲まれる2020年のインディ500ウイナー佐藤琢磨
ファンに囲まれる2020年のインディ500ウイナー佐藤琢磨

アメリカ空軍がスポンサードするコナー・デイリーの47号車
アメリカ空軍がスポンサードするコナー・デイリーの47号車

4度目のインディ500制覇を目指すエリオ・カストロネベス
4度目のインディ500制覇を目指すエリオ・カストロネベス