開幕延期中だったERCが2021年“再々”改訂版スケジュール発表。全8戦開催は堅持

 2020年の早期に暫定カレンダーがアナウンスされながら、2021年2月にも開幕戦延期の決断を下していたERCヨーロッパ・ラリー選手権が、5月14日付けで“再々”改訂版のスケジュールを発表した。

 5月6~8日に実施される予定だったアゾレス・ラリーは9月にスライドし、今季初開催で本来なら開幕戦予定だったポルトガルでの新イベント、ラリー・セーラ・デ・ファフェ・フェルゲイラスは3月から9月への変更を経て、新たに10月の日程が与えられた。これにより、最新の開幕戦は6月のラリー・ポーランドが務めることになり、度重なる変更を強いられながらシリーズ全8戦は維持される形となっている。

 今回、変更の影響を受けたふたつのイベントはともにグラベルステージを使用しており、サンミゲル島の壮大なワインディングを舞台とするアゾレス・ラリーは9月16日~18日に移動。ラリー・セーラ・デ・ファフェ・フェルゲイラスは10月1~3日のスロットに移ることとなった。

 本来なら、この改訂発表より前の5月6~8日に開催される計画だった55回を数える伝統のグラベル戦アゾレスは、サンミゲル島での新型コロナウイルス(COVID-19)感染症例の増加を受けて、地元保健当局の要請により延期される運びに。

 一方のフェルゲイラスも、当初から9月24~26日にスケジュールされていた地方選挙を回避するため、イベントオーガナイザーより再要請を受けてのリスケジュールとなった。

 ERCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベントとFIA国際自動車連盟は、イベント日程を集中させロジスティックに関わるコストなどを圧縮する“ダブルヘッダー”コンセプトは、この再々改訂後も引き続き「有効だ」と強調する。

「FIA ERCに関して、可能な限り低コストな参戦費用に維持することは我々の優先事項であり、ダブルヘッダーのコンセプトがチームとドライバーの実質的な費用削減につながることを願っている」と語るのは、ユーロスポーツ・イベントで長年ERCのシリーズ・コーディネーターを務めるジャン-バティスト・レイ。

今季初開催で本来なら開幕戦として実施される予定だったポルトガルでの新イベント、ラリー・セーラ・デ・ファフェ・フェルゲイラスは3月から9月への変更を経て、新たに10月の日程が与えられた

■第6戦フェルゲイラスはWRCフィンランドとのバッティングが避けられない状況に

 この”再々”改訂版でも、新開幕戦のラリー・ポーランド(6月18~20日)と、第2戦のラリー・リエパヤ(7月1~3日)が開催されるラトビアとのイベント間で、ラリーカーやトランスポーター、トレーラー、サポート車両を保管するための安全な駐車施設がエントラントに無料で開放される。

 また、変更の影響を受けた9月16日~18日の第5戦アゾレスと10月1日~3日の第6戦フェルゲイラスも、シリーズ側より離島を中心に島しょ部で開催されるイベントでの渡航サポートが行われ、イベント後にサンミゲル島を出港した専用フェリーはファフェから約40kmに位置するポルト市に向かい、ここでもふたたびセキュリティに配慮したシリーズ専用駐車保管施設が設定される。

「開幕戦ポーランドとリエパヤのグループ化は難しくなかったが、日程が変更されたアゾレスとフェルゲイラスでダブルヘッダーを維持するためには、いくつかの克服しなければならない課題が生み出された」と続けたレイ。

「これらはERCと対象のふたつのイベントの最善の利益を念頭に置いて策定され、多くの組織間の多大な努力と協力の結果、これが可能になった」

「FIAを筆頭にポルトガルのASN(自動車連盟)、FPAK(ポルトガル・モータースポーツ連盟)、アゾレス諸島政府、およびファフェとその周辺の当局に、これらの変更に対応してくれたことに感謝したい」

 この調整により、第6戦フェルゲイラスは現時点でWRC世界ラリー選手権の第10戦ラリー・フィンランドの日程とバッティングすることになるが、レイは「COVID-19パンデミックに起因する、国際モータースポーツカレンダーの流動的な性質による避けられない結果」だとしている。

「ヨーロッパの反対側で2時間の時差で行われる、これらふたつの確立されたイベントは、どちらも非常に成功すると確信している」

ラリーカーやトランスポーター、トレーラー、サポート車両を保管するための安全な駐車施設がエントラントに無料で開放される

■ERCヨーロッパ・ラリー選手権 2021年改訂第2版カレンダー(5月14日付)

Round Date Event
Rd.1 6月18~20日 ラリー・ポーランド(グラベル)
Rd.2 7月1~3日 ラリー・リエパヤ(グラベル)
Rd.3 7月23~25日 ラリー・デ・ローマ・キャピタル(ターマック)
Rd.4 8月27~29日 バウム・チェコ・ラリー・ズリン(ターマック)
Rd.5 9月16日~18日 アゾレス・ラリー(グラベル)
Rd.6 10月1日~3日 ラリー・セーラ・デ・ファフェ・フェルゲイラス(グラベル)
Rd.7 10月22~24日 ラリー・ハンガリー(ターマック)
Rd.8 11月18~20日 ラリー・イソラズ・カナリアス(ターマック)