ハミルトンが2010年F1トルコGPでドライブした『MP4-25A』がオークションに出品

 現代のマクラーレンのF1マシンがオークション市場に出品されるのは今日珍しいことだが、2010年にルイス・ハミルトンが第7戦トルコGPで優勝したときの『MP4-25A』が、今年シルバーストンでオークションにかけられる。

 報道によるとRMサザビーズは、貴重なマシンを7月の第10戦イギリスGPでオークションに出すという。シャシー番号1のMP4-25Aは、レースウイーク中にシルバーストンで爆音とともにデモランも行うということだ。

「特にこのシャシー番号1の入手については、モデルの希少性を考えると千載一遇の機会となる」とRMサザビーズは声明のなかで述べている。

「依頼人との守秘義務から、個人所有の正確な台数を開示することはできないが、これはわずかな台数しか存在しないと考えられる」

「このような品には高い希望が寄せられる。多くが個人の所有によるものなので、近い将来売りに出されることはないだろう」

「さらに、マクラーレン・メルセデスはこのクルマが今もコースを走ることができると話しており、個人向けヘリテージ部門の一部である専任のファクトリーチームがサポートにあたっている」

ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
2010年F1第7戦トルコGP ルイス・ハミルトン(マクラーレン)がドライブする『MP4-25A』

 ハミルトンのマクラーレンMP4-25Aは500万ドル(約5億4500万円)から700万ドル(約7億6300万円)の価値があると推測されているが、裕福で熱心なコレクターたちがマシンの価値をRMサザビーズの最初の評価額からかなり釣り上げることは間違いないだろう。

 なお、アイルトン・セナが最後のモナコGP優勝時に乗っていて、間違いなくF1の歴史でいっそう価値のある一品とされたマクラーレンMP4/8Aが2年前にボナムスで500万ドル(約5億4500万円)で落札されたが、それは現代のF1マシンに支払われた最高額のひとつだった。

 その買い手は? バーナード・チャールズ・エクレストンという人だ。