2021SBKのエンジン回転数制限が発表。新型カワサキZX-10RRとBMW M1000RRが追加

 5月19日、スーパーバイク世界選手権(SBK)を統括する国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は2021年シーズンのSBKマシンにおけるエンジンの回転数制限を発表した。

 SBKでは、2017年の結果を踏まえ2018年から戦闘力を近くする目的でマシン性能が性能調整されて、各メーカーのマシンごとにエンジン回転数の上限(レブリミット)が設けられている。

 開幕戦では前のシーズンが終了した時と同様のエンジン回転数でスタートするが、異なるメーカーのマシン性能を等しくするために、以降はラップタイム、スピードトラップ、メーカーあたりのライダー数や、レース結果、レースタイムなどの個々のライダーパフォーマンスにより決定される。

 この制限はシーズン中3ラウンドごとにFIMの判断で改訂されることがあるが、変更される場合は250回転の増減で調整される。

2021年からSBKに登場するBMW M1000RR 4台
2021年からSBKに登場するBMW M1000RR 4台

 2021年シーズンのエンジン上限回転数には2021年型カワサキZX-10RRと2021年型BMW M1000RRが追加された。開幕戦では新型ZX-10RRは先代と変わらず14600回転、新型M1000RRは2019年型S1000RRから600回転上乗せされ15500回転となった。

 そのほかのマシンは2020年から変更はなく、今季フル参戦するライダーが駆るマシンでは、ヤマハYZF-R1が14950回転、ドゥカティ パニガーレV4 Rが16100回転、ホンダCBR1000RR-Rが15600回転となっている。

■2021年シーズン各マシンのレブリミット

ブランド 2021Rev Limit
アプリリアRSV4 RR/RF 14,700rpm
BMW S1000RR 14,950rpm
2019 BMW S1000RR 14,900rpm
2021 BMW M1000RR 15,500rpm
Ducati パニガーレR 12,400rpm
Ducati パニガーレV4 R 16,100rpm
ホンダ CBR1000RR 15,050rpm
ホンダ CBR1000RR-R 15,600rpm
2019 カワサキZX-10R/RR 14,600rpm
2021 カワサキZX-10RR 14,600rpm
MVアグスタ F4RR 14,950rpm
スズキGSX-R1000/R 14,900rpm
ヤマハYZF-R1/M 14,950rpm