新拠点で元フェラーリの人員を受け入れるハースF1「来週から2022年に向けて本格始動」

 ハースのギュンター・シュタイナー代表が海外メディアのインタビューに応じ、これまでのシーズンや2022年シーズンに向けての動向、そして今週末に控えるモナコGPへの展望を語った。

 ハースの今シーズンは低迷が続いている。ミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンというふたりのルーキードライバーは毎戦最後尾での争いを強いられ、獲得ポイントはもちろんゼロ。それでも、オーストリアのサイトFormelaustria.atのインタビューに応じたギュンター・シュタイナー代表は「(これまでは)予想以上に順調」と強調し、ドライバーふたりの成長をその理由に挙げている。

「ミックは大きな進歩を遂げている。ニキータは今のところまだ遅れをとっているが、何とかなるだろう。常に前にひとり、後ろにひとりのドライバーがいる、それは当たり前のことだ」

 2022年の大幅な車体規則変更に向け、ハースはそのリソースを来季型マシンの開発に集中させている。昨年型のマシンをほぼアップデートなしで使用する今シーズンは、チームにとってあくまで転換期。シュタイナー代表自身も「目下の主な課題はふたりのルーキーを育成すること」と明言しており、その課題は順調に達成されていると捉えているようだ。

 さらにシュタイナー代表は来季に向けての動向を明かした。フェラーリの本拠地マラネロに築いた新拠点が「来週には入居が完了する予定で、2022年に向けて本格的に始動する」というのだ。昨年末からシャシー開発責任者だったシモーネ・レスタを筆頭に元フェラーリの人員を受け入れてきたハース。フェラーリとの結びつきを深めてさらなる飛躍を期待しているのだろう。

 来季に向けて明るい見通しをもっているハースだが、やはり今シーズンは苦戦が続くことに変わりはない。シュタイナー代表は次戦モナコGPも「非常に厳しい戦いになる」と予測する。

「ふたりのドライバーはモンテカルロにほとんど行ったことがない。モナコではダウンフォースが必要になるが、今シーズンはそこに悩まされている。私にとって最も重要なことはクリーンなレースをすることだ」