ジャガーのラグジュアリー・サルーン「XF」が2021年モデルの受注を開始。スポーツブレイクも同時ラインナップ

ジャガーのラグジュアリー・サルーン「XF」が2021年モデルの受注を開始。スポーツブレイクも同時ラインナップ

JAGUAR XF

ジャガー XF

 

マイルドハイブリッドを採用した2.0直4ディーゼルほか3機種を用意

ジャガー・ランドローバージャパンは、ミドルクラスのラグジュアリー・サルーン「XF」及び「XF SPORTBRAKE(スポーツブレイク)」2021年モデルの受注を開始した。

2021年モデルは、マイルドハイブリッドの2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(最高出力204ps/最大トルク430Nm)を新たにラインナップ。2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン2機種(P250:最高出力250ps/最大トルク365Nm、P300:最高出力300ps/最大トルク400Nm)とあわせて3機種を用意。さらに全輪駆動と後輪駆動、セダンとステーションワゴンのボディタイプの組み合わせで全11機種の展開となっている。

NewJaguarXF

ドライバーを取り囲む装備を洗練されたデザインに変更

2021年モデルのエクステリアは以下の部分が変更となっている、フロント/リヤバンパー、ジャガーのヘリテージロゴをかたどったメッシュデザインのフロントグリル、ダブル“J”グラフィックのプレミアムLEDヘッドライト(シグネチャーデイタイムランニングライト付き)など、より存在感のあるデザインに変更し、利便性を向上した。

インテリアはドライバーにフォーカスした改良を加え、よりモダンで高級感のある仕上がりになっている。乗り心地を向上させるためにシートフォームを見直し、センターコンソールやシフトレバー、ステアリングホイールなどのドライバーを取り囲む装備をより洗練されたデザインに変更した。

NewJaguarXF

「Pvi Pro」を標準装備して快適性を強化。安全性も向上

さらに、インテーネット接続によりストリーミングメディアや各種の情報を取得する、最先端のテクノロジーを搭載したインフォテインメント・システム「Pvi Pro」を標準装備してコネクティビティも強化。3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リヤパーキングエイド、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどドライバー支援システムも備え安全性を高めている。

オプションの装備として、センターコンソールに置くだけで、スマートフォンなどの充電が可能になるワイヤレス・デバイス・チャージング、後方の様子を視野角50度の高解像度映像としてルームミラーに映し出して視認性を高めるClearSightインテリア・リヤビューミラー(サルーン)、車内にキーを置いたまま施錠/開錠が可能なウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー、ロードノイズを軽減させるアクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション、空気イオン化テクノロジー(PM2.5 フィルター付)など、利便性の高い最新機能を選択可能。

ジャガー XF スポーツブレイクの走行シーン

新価格は677万円から、ボディカラーは全12色を用意

ボディカラーは、ブルーファイヤーブルー(新色)/ハクバシルバー(新色)/ブリティッシュレーシンググリーン(新色)/ナルヴィックブラック/フジホワイト/サントリーニブラック/ユーロンホワイト/フィレンツェレッド/アイガーグレイ/ポルトフィーノブルー/カルパチアングレイ/シリコンシルバーの、新色4カラーを含めた全12色を用意する。

【車両本体価格(税込)】

・2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル

XF S D200:677万円
XF R-DYNAMIC SE D200:753万円
XF SPORTBRAKE S D200:722万円
XF SPORTBRAKE R-DYNAMIC SE D200:798万円

・2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル

XF S P250:697万円
XF R-DYNAMIC SE P250:756万円
XF R-DYNAMIC HSE P250:813万円
XF SPORTBRAKE S P250:742万円
XF SPORTBRAKE R-DYNAMIC SE P250:801万円
XF SPORTBRAKE R-DYNAMIC HSE P250:858万円

XF R-DYNAMIC SE P300:838万円

【問い合わせ】

ジャガーコール

TEL 0120-050-689