WEC第2戦はグリッケンハウスの1台を迎え計33台のエントリーに。木村武史も参戦へ

 5月17日、WEC世界耐久選手権は来月13日にポルトガル、アルガルベ・サーキットで初開催される2021年シーズン第2戦ポルティマオ8時間レースの暫定エントリーリストを発表し、4クラス合計33台が出走することを明らかにした。

 このフィールドには先週、デビュー戦のドライバーラインアップを確認したスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスのハイパーカー1台と、最多14台がエントリーしているLMGTEアマクラスにケッセル・レーシングのフェラーリ488 GTEエボが加わることなどが含まれている。

 最高峰カテゴリーのハイパーカークラスで、トヨタとアルピーヌのライバルとなるグリッケンハウス・レーシング。このアメリカのチームはノンハイブリッド・ハイパーカー、グリッケンハウス007 LMHの1台をシリーズに初投入する。

 既報のとおり、その709号車グリッケンハウスのドライバーに指名された元フォードGTドライバーのライアン・ブリスコーとリチャード・ウエストブルックは、2016年のシリーズチャンピオンであるロマン・デュマとチームを組むことになった。

 一方、CARGUY Racingとジョイントするケッセル・レーシングのフェラーリには、2022年のLMHデビューに向けて動くプジョーと契約を交わしたミケル・イェンセン、シルバーランクドライバーのデビッド・フマネッリ、そして日本のジェントルマンドライバーである木村武史が乗り込む。
 
 2020年のELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズGTEクラスでシリーズ2位となったスイスのチームは、ポルティマオでのレースを8月のル・マン24時間レースに向けた準備に組み込む予定だ。

 また暫定エントリーリストでは、LMGTEプロクラスに参戦するポルシェワークスが走らせる2台のポルシェ911 RSR-19に第3ドライバーが追加されるなど、事前にアナウンスされていたドライバーラインアップの調整が確認できる。

 LMP2クラスでは、デトロイト行われるIMSAウェザーテックスポーツカー選手権第4戦との日程重複により、フィリペ・アルバカーキとランガー・バン・デル・ザンデがそれぞれのチームでポール・ディ・レスタとルイ・デレトラズに置き換えられる。両者の交代は事前に宣言されていた。

 ル・マンウイナーのロイック・デュバルも両シリーズの日程が重なる影響を受けており、彼が所属するリアルチーム・レーシングの70号車オレカ07・ギブソンのドライバー欄のひとつはTBAの表示がなされている。
 
 反対に開幕戦スパをイギリス国内シリーズとのバッティングで欠場したオリバー・ウェッブは、このポルティマオでWECに復帰予定。チームオーナーのミロスラバ・コノプカと未発表の3人目とともにARCブラティスラバの44号車リジェJS P217・ギブソンをドライブする。

 GTEアマクラスに参戦しているデンプシー・プロトン・レーシングでは88号車ポルシェ911 RSR-19にドミニク・バスティアンを迎え、ジュリアン・アンドラウアー、マルコ・ゼーフリートが新たなチームを組む。75歳のバスティアンは昨年のル・マン以来のチーム復帰だ。

 開幕戦でゼーフリート、アレッシオ・ピカリエッロとともに88号車ポルシェをドライブしたアンドリュー・ハリアントは、第3戦モンツァでふたたび同車のラインアップに加わる予定だ。

 WEC初開催となるアルガルベ・サーキットでのポルティマオ8時間レースは、今年1月にセブリング1000マイルがキャンセルされた際に代替イベントとして2021年シーズンのWECカレンダーに追加された。

 レースは当初4月4日にシーズン開幕戦として開催される予定だったが、ル・マン24時間レースが6月中旬から8月に延期されたことを受けて現在の日程に変更されている。このスケジュール調整によってイベントの順序が入れ替わり、5月1日のスロットが維持されたスパ6時間レースが開幕ラウンドに。ポルティマオは第2戦として行われることになっている。

■2021年WEC第2戦ポルティマオ8時間レース 暫定エントリーリスト(5月17日発表)

No. Class Team Car Driver Tyre
1 7 HYPERCAR トヨタ・ガズー・レーシング トヨタGR010ハイブリッド M.コンウェイ
小林可夢偉
J-M.ロペス
MI
2 8 HYPERCAR トヨタ・ガズー・レーシング トヨタGR010ハイブリッド S.ブエミ
中嶋一貴
B.ハートレー
MI
3 36 HYPERCAR アルピーヌ・エルフ・マットミュート アルピーヌA480・ギブソン A.ネグラオ
N.ラピエール
M.バキシビエール
MI
4 709 HYPERCAR グリッケンハウス・レーシング グリッケンハウス007 LMH R.ブリスコー
R.デュマ
R.ウエストブルック
MI
5 1 LMP2 リシャール・ミル・レーシング・チーム オレカ07・ギブソン T.カルデロン
S.フローシュ
B.フィッセール
GY
6 20 LMP2 ProAm ハイクラス・レーシング オレカ07・ギブソン J.マグヌッセン
A.フィヨルドバッハ
D.アンデルセン
GY
7 21 LMP2 ProAm ドラゴンスピードUSA オレカ07・ギブソン H.ヘドマン
J-P.モントーヤ
B.ハンリー
GY
8 22 LMP2 ユナイテッド・オートスポーツUSA オレカ07・ギブソン P.ハンソン
F.シェーラー
P.ディ・レスタ
GY
9 28 LMP2 JOTA オレカ07・ギブソン S.ゲラエル
S.バンドーン
T.ブロンクビスト
GY
10 29 LMP2 ProAm レーシング・チーム・ネーデルランド オレカ07・ギブソン F.バン・イアード
G.バン・デル・ガルデ
J.バン・ウィタート
GY
11 31 LMP2 チームWRT オレカ07・ギブソン R.フラインス
F.ハプスブルク
C.ミレッシ
GY
12 34 LMP2 インターユーロポル・コンペティション オレカ07・ギブソン J.スミエコウスキー
L.デレトラズ
A.ブランドル
GY
13 38 LMP2 JOTA オレカ07・ギブソン R.ゴンザレス
A.F.ダ・コスタ
A.デビッドソン
GY
14 44 LMP2 ProAm ARCブラティスラバ リジェJS P217・ギブソン M.コノプカ
O.ウェッブ
TBA
GY
15 70 LMP2 ProAm リアルチーム・レーシング オレカ07・ギブソン E.ガルシア
TBA
N.ナト
GY
16 51 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo A.ピエール・グイディ
J.カラド
MI
17 52 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo D.セラ
M.モリーナ
MI
18 91 LMGTE Pro ポルシェGTチーム ポルシェ911 RSR-19 G.ブルーニ
R.リエツ
F.マコウィッキ
MI
19 92 LMGTE Pro ポルシェGTチーム ポルシェ911 RSR-19 K.エストーレ
N.ジャニ
M.クリステンセン
MI
20 33 LMGTE Am TFスポーツ アストンマーティン・
バンテージAMR
B.キーティング
D.ペレイラ
F.フラガ
MI
21 46 LMGTE Am チーム・プロジェクト1 ポルシェ911 RSR-19 D.オルセン
A.ブハルト
A.ジェフェリーズ
MI
22 47 LMGTE Am チェティラー・レーシング フェラーリ488 GTE Evo R.ラコルテ
G.セルナジョット
A.フォコ
MI
23 54 LMGTE Am AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo T.フロー
F.カステラッチ
G.フィジケラ
MI
24 56 LMGTE Am チーム・プロジェクト1 ポルシェ911 RSR-19 E.ペルフェッティ
M.カイローリ
R.ペーラ
MI
25 57 LMGTE Am ケッセル・レーシング フェラーリ488 GTE Evo 木村武史
M.イェンセン
D.フマネッリ
MI
26 60 LMGTE Am アイアン・リンクス フェラーリ488 GTE Evo C.スキアヴォーニ
A.ピッチーニ
M.クレッソーニ
MI
27 77 LMGTE Am デンプシー・プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR-19 C.リード
J.エバンス
M.キャンベル
MI
28 83 LMGTE Am AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo F.ペロード
N.ニールセン
A.ロベラ
MI
29 85 LMGTE Am アイアン・リンクス フェラーリ488 GTE Evo R.フレイ
C.レッグ
M.ゴスナー
MI
30 86 LMGTE Am GRレーシング ポルシェ911 RSR-19 M.ウェインライト
B.バーカー
T.ギャンブル
MI
31 88 LMGTE Am デンプシー・プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR-19 D.バスティアン
M.ゼーフリート
J.アンドラウアー
MI
32 98 LMGTE Am アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR
P.ダラ・ラナ
A.ファーフス
M.ゴメス
MI
33 777 LMGTE Am Dステーション・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR
星野敏
藤井誠暢
A.ワトソン
MI