ジャガーXEに最新の2Lディーゼルエンジンを追加し、ブラックの加飾がエクステリアを引き締める新グレードを設定

■スポーティな新グレード「R-DYNAMIC BLACK」が登場

欧州Dセグメントモデルとして2015年に日本に上陸を果たしたジャガーXEは「ゲームチェンジャー」を掲げ、競争の激しい同クラスに参入しています。2021年5月11日、ジャガーXEの2021年モデルの受注が開始されました。

ジャガーXE
2021年5月11日に受注を開始したジャガーXE

2021年モデルのトピックスは、最新の2.0L直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ディーゼルエンジン(マイルドハイブリッド)が加わった点。最高出力204PS・最大トルク430Nmを誇る分厚いトルクが魅力です。

さらに、2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P250、P300)も設定されるほか、4WDとFRの組み合わせにより全9グレード展開と、多彩な選択肢が用意されます。

ジャガーXE
ジャガーXEのインパネ

また、スポーツサルーンの特徴をより際立たせた新グレードの「R-DYNAMIC BLACK」も加わっています。ベース車は「R-DYNAMIC SE」(P250、P300)で、「ブラックパック」、ブラックホイール、ラゲッジリッドスポイラー、ブライトメタルベダルなど、ブラックをアクセントカラーとして使った引き締まったエクステリアが見どころ。

インテリアには、スプリットリムステアリングホイールのデザインが変更されたほか、ヘッドレストにはエンボス加工されたジャガーのリーパーロゴを用意。シートも形状を見直すことで、快適性の向上が図られています。

「R-DYNAMIC」グレードにクリケットボールを想起させるステッチが施されるなど、英国のクラフトマンシップが細部にまで貫かれています。

ジャガーXE
最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準装備

装備面では、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リヤパーキングエイド、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどの多彩な先進安全装備、最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」も標準装備。安全性と利便性が大きく引き上げられています。

2021年モデルに設定されるボディカラーは、「ブルーファイヤーブルー(新色)」「ハクバシルバー(新色)」「ナルヴィックブラック」「フジホワイト」「カルデラレッド」「サントリーニブラック」「ユーロンホワイト」「フィレンツェレッド」「カルパチアングレイ」「シリコンシルバー」「アイガーグレイ」「ポルトフィーノブルー」の12色と多彩。

ジャガーXE
ジャガーXEのリヤビュー

ジャガーXEの価格は、新パワートレーンの2.0Lディーゼルを積む「XE R-DYNAMIC S D200」が634万円。250PS/365Nm版の2.0Lガソリンが569万円〜676万円。300PS/400Nm版の2.0Lガソリンが645万円〜742万円。

2021年モデルにおいて、最新の2.0Lディーゼルエンジンと新グレードの「R-DYNAMIC BLACK」が加わったことで、商品力の向上が図られています。

塚田 勝弘