佐藤琢磨とBuzzグループがスポンサーシップ契約を更新。コロナ禍でも世界に夢と希望を発信

 Buzz & Co Groupは5月17日、アメリカのNTTインディカー・シリーズに参戦する佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)とのスポンサーシップ契約を更新することを発表した。

 F3マカオGPでの優勝をはじめ、自動車レースの最高峰であるF1世界選手権では2004年の第9戦アメリカGPで3位表彰台を獲得するなど、数々の成功を収め、2010年からはインディカー・シリーズに参戦している琢磨。

 琢磨はインディカー・シリーズでもその才能を遺憾なく発揮し、2017年には日本人初、そしてアジア人として初めて世界3大レースのひとつである『インディアナポリス500マイルレース(インディ500)』で優勝を果たし、2020年の第104回大会では自身2度目となるインディ500制覇を成し遂げている。

 そんな琢磨と今回スポンサーシップ契約を更新したBuzz & Co Groupは、現在世界中で注目されているブロックチェーンによるNFT技術を活用したプロジェクトに取り組んでおり、すでに多くのNFT事業の実績があるアメリカで技術テストの機会を伺っていたため、今回のスポンサーシップ契約更新に至ったという。

 スポンサーシップ契約の更新について琢磨は、「昨年に引き続きスポンサーをして頂けることを大変嬉しく思います。また、イギリス時代から20年来の仲である長谷川大祐代表と一緒に今年もレースをできることを嬉しく思います」と語っている。

「Buzzさんは常に革新的なアイデアでモータースポーツ界に新しい風を吹かせてきました。今年もBuzzさんと一緒にモータースポーツを盛り上げて、コロナ禍でも世界に夢と希望を発信していきたいと思っています」

 また、Buzz & Co Groupの代表である長谷川大祐氏も「琢磨選手とは私がイギリスでレーシングドライバーを目指していたときからの仲です。当時から琢磨選手のストイックさとレースに対する情熱はすごく強いものがあり、ライバルながら彼の将来にも期待をしていました」とコメントを寄せた。

「いまでは、おなじモータースポーツ界で日本を盛り上げる立場として、彼を応援できたらと思い、昨年に引き続きスポンサーをさせて頂きました。また、同社では昨年暮れからNFTプロジェクトに取り組んでおり、NFTの本場アメリカで、技術テストができることを嬉しく思います」

 Buzz & Co Groupは同社の持つ技術で、アメリカで活躍している琢磨とともにモータースポーツ界を盛り上げていくとしている。

2021インディカー・シリーズ第5戦 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)
2021インディカー・シリーズ第5戦 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)
2021インディカー・シリーズ第5戦 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)
2021インディカー・シリーズ第5戦 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)