使い勝手が一段とアップ

ナビタイムジャパンが展開するカーナビアプリ、「ナビタイムドライブサポーター」が進化。だれでも手軽に車種登録作業ができるようになり使い勝手がグンとアップした。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

■ナビタイムジャパン公式サイト

ナビタイムドライブサポーター プレミアムコース……330円/月~(税込)

 人気のスマホ向けカーナビアプリ、「ナビタイムドライブサポーター」がバージョンアップ。従来は設定画面からの手入力や車検証を読み取っての面倒な車種登録作業を必要だったが、今回の改良ではスマホのカメラでナンバープレートを読み取るだけで車種登録が行えるようになった。

 しかも旧車や輸入車、大型自動車(トラックやバス)までカバー。利用する車種に応じた最適なルート案内を可能としている。また、車種情報として車高、車長、車幅、車両総重量、最大積載量、危険物積載などの情報も読み込み、アプリ上での表示も行える。