最後の最後で大逆転! SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTと河野駿佑選手が第2戦 富士でGT300初優勝【SUPER GT 2021】

■耐久の富士、S-GTで500kmレースは2年ぶり

「2021 AUTOBACS SUPER GT Round2 たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE」の決勝レースが5月4日午後に富士スピードウェイで開催されました。昨年はコロナ禍の影響でレースフォーマットは全て300kmとなっていましたので500kmレースは2年ぶりの長丁場となります。

フォーメーションラップ
フォーメーションラップの様子

●GT300クラスのポールポジションは61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT

ポールポジションのSUBARU BRZ R&D SPORT
ポールポジションのSUBARU BRZ R&D SPORT

1周目の第1コーナーであるTGRコーナーをポールポジションのSUBARU BRZ R&D SPORTがホールショット! 2番手には1周目で55号車 ARTA NSX GT3を抜いた60号車 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTが浮上。さらに11号車 GAINER TANAX GT-Rと52号車 埼玉トヨペットGB GR Supra GTが僅差で続きます。

3周目にGT500クラスの23号車 MOTUL AUTECH GT-Rが白煙を上げTGRコーナーの立ち上がり付近で停止したことからセーフティカーが導入、6周目にリスタートが切られます。

序盤ということもあって順位に大きな影響が出ることはなく、依然としてSUBARU BRZ R&D SPORTとSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTが接近戦のトップ争いをし、その後方ではARTA NSX GT3とGAINER TANAX GT-Rがテール・トゥ・ノーズのドッグファイトを見せていました。

スタート直後のコカ・コーラコーナー
スタート直後のコカ・コーラコーナー

5番手につけていた埼玉トヨペットGB GR Supra GTが24周を終えピットイン。タイヤ無交換で川合孝汰選手にステアリングを託します。GR Supra GT勢やSUBARU、PRIUS、86などGT300勢やマザーシャシー規定のマシンは早めにピットインし、タイヤ無交換作戦を行っていきます。

各チームは30周が近づく頃にピットインを行っていきますが、GT500クラスの32周目に最終パナソニックコーナーの立ち上がりでGT500の38号車 ZENT CERUMO GR Supraのタイヤが外れ、SUPER GTでは決勝レースで初のフルコースイエロー(FCY)が導入されました。

FCY中のピットインは禁じられていますが、ピット出口は開放されており、このタイミングでピットインしていたチームは有利に順位を上げることになりました。

ピットインをする埼玉トヨペットGB GR Supra GT
ピットインをする埼玉トヨペットGB GR Supra GT

各チームが一度目のピットインを終えるとFCY時にピットインしていた10号車 GAINER TANAX with IMPUL GT-Rがピットを終えた組のトップとなります。

しかし無交換作戦の埼玉トヨペットGB GR Supra GTが38周目にこれをかわしてトップに! さらに88 号車 JLOC ランボルギーニ GT3もGAINER TANAX with IMPUL GT-Rを抜きます。序盤トップだったSUBARU BRZ R&D SPORTは1回目のピットアウト後には4番手に、ARTA NSX GT3は5番手となります。

SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTとARTA NSX GT3
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTとARTA NSX GT3

その後方では、序盤2番手をだったSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTと56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが壮絶バトルを展開し、ここを抜きんでたSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTが6番手に浮上していきます。

●まさかのトップ脱落! 壮絶な500kmはダンロップタイヤ装着の1、2フィニッシュ!

63周を終えてトップの埼玉トヨペットGB GR Supra GTがピットインし、また71周を終えARTA NSX GT3もピットへ向かいドライバーチェンジとなります。さらに73周でSYNTIUM LMcorsa GR Supra GT、SUBARU BRZ R&D SPORTなど上位陣が相次いでピットインしていきます。

ピットインをする埼玉トヨペットGB GR Supra GT
ピットインをする埼玉トヨペットGB GR Supra GT

各チームが2回目のピットインを終えてトップは埼玉トヨペットGB GR Supra GT。2位との差は10秒と大きく、その後方はSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTとSUBARU BRZ R&D SPORTの2台が1秒を切る僅差の戦いで2位争いを展開しています。

SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT

このまま順位が決まってしまうのではないかと思われた96周目に、埼玉トヨペットGB GR Supra GTがスローダウンでそのままピットイン。埼玉トヨペットGB GR Supra GTはここでレースを終えてしまいます。

そしてこの周にFCYが導入されるとSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTとSUBARU BRZ R&D SPORT、そしてARTA NSX GT3の3台が急接近。SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTの河野が、SUBARU BRZ R&D SPORTとARTA NSX GT3を抑え込み、約1秒の中に3台いるという状態でチェッカーフラッグをくぐっていきました。

SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
チェッカーを受けるSYNTIUM LMcorsa GR Supra GT

SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTは、今季GR Supra GTでの2戦目で勝利を勝ち取ります。吉本大樹選手は2019年第6戦オートポリス以来の8勝目、河野駿佑選手にとってはSUPER GTでの初優勝となりました。

SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
パルクフェルメのSYNTIUM LMcorsa GR Supra GT

また開幕戦優勝のリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rはサクセスウェイト60kgながら、健闘して7位となってポイントを獲得しランキング首位を守りました。

GT300暫定表彰式
GT300暫定表彰式

次戦の鈴鹿サーキットはコロナ禍の影響で延期となりましたが、熱い戦いは延期の後も続いていきます。

(写真:吉見 幸夫、松永 和浩/文:松永 和浩