MotoGPカレンダー変更。フィンランドGPが中止、オーストリアは2連戦に

 5月14日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は2021年シーズンのロードレース世界選手権MotoGPにおけるカレンダーを変更したと発表した。フィンランドGPが中止、スティリアGPが追加されることとなる。

 新型コロナウイルスのパンデミックによる渡航の複雑化により、7月9~11日に新設サーキットのキュミリングで開催予定だったフィンランドGPが中止されることとなった。

 それと同時にドルナスポーツは、キュミリングでの開催に関して5年間の契約延長に合意し、少なくとも2026年まで開催することに決まった。

 また、フィンランドGPの代替として、レッドブル・リンクで開催されるスティリアGPを8月6~8日に開催することを発表。8月13~15日には同地でオーストリアGPが当初から開催予定だったため、レッドブル・リンクで2連戦行われることとなる。

 今季、シーズン中にMotoGPの日程が変更されるのはこれが初めて。10月1~3日には日本GPがツインリンクもてぎで開催される予定であることに現状は変わりはない。

 そのほか、アルゼンチンGP(アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド)とアメリカズGP(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)はシーズン終盤まで延期されており、インドネシアGP(マンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキット)がリザーブトラックとなっていることにも変更はない。

■2021年MotoGPカレンダー(2021年5月14日発表時点)

Round グランプリ サーキット 決勝レース日
第1戦 カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット 3月28日
第2戦 ドーハ ロサイル・インターナショナル・サーキット 4月4日
第3戦 ポルトガル アウトドローモ・インターナショナル・アルガルベ 4月18日
第4戦 スペイン ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト 5月2日
第5戦 フランス ル・マン-ブガッティ・サーキット 5月16日
第6戦 イタリア ムジェロ・サーキット 5月30日
第7戦 カタルーニャ カタロニア・サーキット 6月6日
第8戦 ドイツ ザクセンリンク 6月20日
第9戦 オランダ TT・サーキット・アッセン 6月27日
第10戦 スティリア レッドブル・リンク 8月8日
第11戦 オーストリア レッドブル・リンク 8月15日
第12戦 イギリス シルバーストン・サーキット 8月29日
第13戦 アラゴン モーターランド・アラゴン 9月12日
第14戦 サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 9月19日
第15戦 日本 ツインリンクもてぎ 10月3日
第16戦 タイ チャン・インターナショナル・サーキット 10月10日
第17戦 オーストラリア フィリップ・アイランド・サーキット 10月24日
第18戦 マレーシア セパン・インターナショナル・サーキット 10月31日
第19戦 バレンシア リカルド・トルモ・サーキット 11月14日