「ZC33Sスイスポを覚醒させる大本命パーツ登場」高風量タービンと専用ECUのセットで25万円!

「ZC33Sスイスポを覚醒させる大本命パーツ登場」高風量タービンと専用ECUのセットで25万円!

実測で34.8ps/46.9Nmの向上を確認!

マイチェン後のスイフトスポーツにも対応したキット

精力的にZC33S型スイスポのチューニングパーツ開発を続けるブリッツが、マイナーチェンジ後(2020年10月〜)モデル用のポン付けタービンキットを発売した。

「ブーストアップ+α」をコンセプトとするこのターボキットは、IHIとタッグを組んで作り上げたハイフロータイプ。ハウジングは純正形状のため、触媒もそのまま装着できるのが大きなポイントとなる。

キットには専用のECUも付属しており、ブースト圧を純正設定値の1.0キロから1.2キロへと高めるだけでなく、スピードリミッターの変更(180km/h→280km/h)やレブリミットの変更(6000rpm→6500rpm)など、サーキット走行に適したスペックを与えてくれる。

ブリッツの社内テストでは、最高出力が148.8ps→183.6ps、最大トルクが240.7Nmと、34.8ps&46.9Nmのポテンシャルアップを記録。パワーグラフを見ても低回転域のロスを最低限に抑えつつ、高回転域の伸びに磨きがかかっていることが分かる。

価格は25万800円。すでにブリッツチューニングECUを導入済みのユーザーに向けたタービン+ECUアップグレードキットは19万8000円。タービン単体も19万8000円で販売されているので、目的に合わせたチョイスが可能。マイナーチェンジ後モデルのオーナー大注目のラインナップだ。

●問い合わせ:ブリッツ TEL:0422-60-2277