フランスで発表された世界限定300台の「アルピーヌ A110 リネージGT 2021」が日本上陸へ

■今回の限定車「アルピーヌ A110 リネージGT 2021」も上質な内外装が特徴になる?

日本でも扱いやすいサイズのミッドシップピュアスポーツモデルとして復活したアルピーヌA110。ルノー・スポールと同様に、日本市場は重要なマーケットであり、2018年の日本上陸時の説明では、世界で3番目のマーケットであると説明しています。

過去にも限定車の「A110リネージGT」「カラーエディション2020」「リネージ リミテッド」などが設定され、人気を集めています。

アルピーヌA110
日本でも発売される「アルピーヌ A110 リネージGT 2021」

アルピーヌ・ジャポンは、2021年5月13日、「アルピーヌ A110 リネージGT 2021」を日本にも今後導入するとアナウンスしました。同限定車は、前日にフランス本国で発表されたもので世界限定300台とアナウンスされています。

気になる日本向けの台数や価格、仕様などは正式発表時に明らかにされます。ベース車は「アルピーヌ A110 リネージ」で、欧州仕様は1.8L直列4気筒直噴ターボを搭載。エンジンスペックは292hp(215kW)/6400rpm、320Nm/2000rpmで、最高速は250km/h、0-100km/h加速は4.4秒でクリア。

このスペックは、日本仕様の「A110S」と同値になっています。サスペンションは前後共にダブルウィッシュボーン。なお、2020年6月に発表された「アルピーヌ A110 リネージ GT」は世界400台限定で、日本向けはわずか30台でした。

新色のボディカラーや専用アルミホイール、クリアタイプのLEDテールランプ、レザースポーツシートなどが備わった上質な内外装が特徴でした。

アルピーヌA110
2020年6月に発表された「アルピーヌ A110 リネージ GT」

「アルピーヌ A110 リネージGT 2021」はどういった販売方法になり、また、日本向けの台数や仕様などはまだ分かりませんが、今回は世界生産台数が100台少ないこともあり、即完売になるかもしれません。

塚田勝弘