メルセデス・ベンツ、ピュアEV「コンセプト EQT」を初公開! Vクラスのノウハウを詰め込んだ高級ミニバンの未来像

メルセデス・ベンツ、ピュアEV「コンセプト EQT」を初公開! Vクラスのノウハウを詰め込んだ高級ミニバンの未来像

Mercedes-Benz Concept EQT

メルセデス・ベンツ コンセプト EQT

両側スライドドア付きの7シーターミニバン

メルセデス・ベンツは2021年5月10日、「コンセプト EQT」をワールドプレミアした。同社はVクラスの弟版ともいえるコンパクトミニバン「Tクラス」の導入を予告しているが、そのピュアEV仕様を示唆するのが本コンセプトカーだ。

「コンセプト EQT」は、3列シートを備えた7人乗りコンパクトミニバン。ボディサイズは全長4945×全幅1863×全高1826mmとVクラスに近く、大開口の両側スライドドアを装備する。3列目シートにもフルサイズの独立式シートを搭載するとともに、2列目にはチャイルドシートを3つ並べて設置することが可能という。

メルセデス・ベンツ「コンセプト EQT」のラゲッジコンパートメント

電動スケートボードも搭載!

グラスエリアを大きく取っているのも特徴で、ルーフにも広大なパノラミックグラスを設置。明るく広々としたキャビンは使い勝手に富み、3列目シートはフォールディングはもちろん、Vクラス同様脱着することもできる。

さらに、フラットでルーミーな荷室には電動のスケートボードを格納する、という遊び心も。スケートボードはプレキシガラス(アクリル樹脂製の透明な板材)製のふたとアルミニウムフレームで荷室フロアにぴたりと収まるようになっている。ちなみにスケートボード自体もアルミニウム材で出来ている、とのこと。

メルセデス・ベンツ「コンセプト EQT」のサイドビュー。ドア開

Tクラスの導入は2022年を予定

「ハイ、メルセデス」でお馴染みのAIアシスタントを搭載した最新の車載インフォテインメントMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)ももちろん採用。音声をはじめ、ステアリングホイールのタッチコントロール、タッチパネルなど様々な入力オーダーに対応する。専用アプリと連携すれば、充電ステーション検索や充電レベルに応じた最適ルート探索といった、EV専用ナビゲーション機能をフル活用することができる。

メルセデス・ベンツでバン部門を率いるマーカス・ブライツシュベルトは次のように語っている。

「我々は、来るTクラスで小型バンセグメントの製品ポートフォリオをさらに拡大します。アクティブなレジャーを愛し、広大なスペースと最大限の汎用性を必要とし、かつ快適性とスタイルにも妥協をしたくない。そんな様々なファミリーやプライベートユーザーに、年齢層を問わず広く訴えかけるモデルです」

「Tクラスはそんな方々が、メルセデス・ベンツの世界へと一歩足を踏み入れる扉を開くクルマといえるでしょう。そして同時にコンセプトEQTは、我々が一貫して電動モビリティ領域でリーダーシップをとり続けていることの証明であり、このセグメントにもフルEVを導入することの約束といえるのです」

メルセデス・ベンツ「コンセプト EQT」のリヤビュー

メルセデス・ベンツは、2022年中には「Tクラス」を市場導入する予定。さらに、商用版の「シタン」も、ピュアEV版をラインナップして2021年中にプレミアを飾る模様である。