RSC第4戦でハイムガートナーがキャリア初優勝。フォード・マスタング3連勝と逆襲

 5月8~9日にオーストラリアはベンド・モータースポーツパークでのスーパースプリント戦が開催されたRSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップ第4戦は、3ヒートすべてで今季初優勝ドライバーが誕生するとともに、フォード陣営が開幕から続くホールデンの連勝記録を阻止する“逆襲”の展開となった。

 土曜日の予選で今季初ポールポジションを獲得したケリー・グローブ・レーシングのアンドレ・ハイムガートナー(フォード・マスタング)がオープニングでキャリア初優勝を飾ると、日曜はディフェンディングチャンピオンのディック・ジョンソン・レーシング(DJR)のフォード・マスタングを駆るアントン・デ・パスカーレが移籍後初勝利をマーク。

 そしてここまで宿敵“SVG”こと、シェーン-ヴァン・ギズバーゲン(ホールデン・コモドアZB)の後塵を拝し続けてきたティックフォード・レーシングのキャメロン・ウォーターズ(フォード・マスタング)も、レース3でライバルを抑え切って待望の2021年初優勝を手にしている。

 今季開幕から6連勝と記録的勢いを見せたSVGに加え、第3戦のレース2は“7タイムス・チャンピオン”ことジェイミー・ウインカップが、そしてレース3ではウォーキンショー・アンドレッティ・ユナイテッド(WAU)移籍2年目のチャズ・モスタート(ホールデン・コモドアZB)がチームとの初優勝を挙げるなど、2021年シーズンはホールデン陣営が席巻する状況が続いてきた。

 そんな破竹の快進撃を見せる参戦ラストイヤーのコモドアZBに対し一矢報いたいフォード勢だったが、予選でその急先鋒となったのは意外な伏兵だった。

 ウエットコンディショントンとなった“ザ・ベンド”の予選で、移籍後初優勝の勢いを持ち込んだモスタートを0.2122秒上回ったのは、ニッサン陣営からフォードにスイッチして2年目を迎えるケリー・グローブ・レーシングのハイムガートナーで、自身2度目の最前列を射止めてみせる。

 フロントロウのふたりに続くのは、これがRSCでの予選自己最上位となる初代TCRオーストラリア王者のウィル・ブラウン(ホールデン・コモドアZB)。その隣にはDJRのパスカーレ、5番手に久々トップ5グリッドの2010年王者ジェームス・コートニーが続く結果となった。

 そのまま午後16時過ぎに始まったレース1は波乱続出のセミウエット勝負となり、スタートでは蹴り出しの鈍ったハイムガートナーがモスタートの先行を許すと、背後では8番手発進だったポイントリーダーのSVGが、いきなり3ポジションアップの好発進を決め、パスカーレ、ウィル・デイビソンのShell V-Powerカラーをまとう2台のマスタングを追い詰めていく。

 しかしレースの神様はポールシッターを見放さず、ホールショットを奪ったモスタートがターン4進入でワイドになると、その隙を突いて首位浮上を果たしたパスカーレは、続くターン5で止まりきれずにオーバーシュート。ふたたびハイムガートナーがトップランを取り戻し、オープニングラップを終える目まぐるしい展開となる。

 2番手に下がったモスタートがSVGとブラウンを押さえ込むのに必死の防戦を見せている隙に、4秒強のマージンを築いたハイムガートナーだったが、6周目には早くもレコードラインが乾き“ターンオーバー”を迎えると、スリックタイヤへの交換を狙って先頭集団がピットレーンへとなだれ込んでくる。

第3戦の最終ヒートで移籍後初優勝を飾っているチャズ・モスタート(ホールデン・コモドアZB)が、R1でホールショットを奪う
序盤でスタートの出遅れを取り返したアンドレ・ハイムガートナー(フォード・マスタング)が、キャリア初優勝を挙げた
チームメイトの初勝利を祝福するデビッド・レイノルズ(フォード・マスタング)だが、R2では思わぬ不運に見舞われる

■フォード陣営が週末“クリーンスイープ”を達成

 するとここでまさかのアクシデントに見舞われたのがSVGで、名門トリプルエイト・レースエンジニアリングは97号車ホールデンのジャッキングポイントにホースが届かず、大幅に作業時間をロスしてしまう。

 一方、首位で飛び込んできたハイムガートナーも、リリースの際に88号車ウインカップがファストレーンを通過するタイミングでマスタングを送り出してしまい、2台は軽く接触。この行為に対し、すぐさま5秒加算のタイムペナルティが課されることに。

 しかし、コース復帰後も力強いレースペースを維持したハイムガートナーは、24周のチェッカー時点で2番手モスタートに対し約9秒近いギャップを稼ぎ出してフィニッシュ。最終的に3.9793秒差で自身初優勝を飾るとともに、チームにニッサン時代の2018年以来、フォード陣営加入後の初優勝をもたらす結果となった。

「レースキャリアを終え金融業に携わろうとしていた2018年に、僕を拾ってくれたのは(現代表で当時レギュラー参戦引退を表明していた)トッド(・ケリー)だった。その恩義にようやく報いることができて本当に本当に幸せで、今はただホッとしている」と、チームへの感謝を語ったハイムガートナー。

「正直、この4日前にもすべてを終えレースから足を洗うことも考えていた。でもそうならなかったことを神に感謝したいと思う」

 しかし明けた日曜午前に始まったレース2は、そのレース1勝者が引き金となる多重インシデントが発生し、モスタートやウォーターズはダメージによりガレージでリタイアに。レース1でピット作業を引っ張り、5位入賞を果たしていたブラッド・ジョーンズ・レーシング(BJR)のニック・パーカット(ホールデン・コモドアZB)も、ターン6の真ん中で逆向きにスタックする事態となる。

 これで先頭集団を形成したのがDJR軍団のマスタングで、3番手だったハイムガートナーは前日に続きピット作業に手間取りドロップ。そのチームメイトで今季移籍組のデビッド・レイノルズ(フォード・マスタング)も、多重アクシデントの余波でステアリング系統にダメージを負い、ペースが上がらず最終的にリタイアを選択することに。

 これで楽になったDJR陣営は、終盤のSVGによる圧力も封じてワン・ツー・フィニッシュを達成。パスカーレが移籍後初勝利を手にするとともに、DJRはフォードとの通算400勝目を達成した。

 そして日曜午後の週末最終ヒートは、喜びの余韻を残したままスタートを切ったポールシッターのパスカーレがまさかのエンジントラブルに見舞われると、首位を引き継いだ同陣営のウォーターズが力走。レース2をアクシデントで失ったティックフォードのエースは、ここまでもっとも勝利に近いマスタングと目されながら、勝ちきれなかった開幕序盤の流れを断ち切るかのようなレースを披露してみせる。

 中盤以降はともにレイトストップを選択したSVGとテール・トゥ・ノーズのバトルを演じ、0.6963秒差で抑え切ったウォーターズが、今季11ヒート目にして待望の勝利をもぎ取り、フォード陣営の週末“クリーンスイープ”を完成させた。

 続くRSC第5戦は、5月28~30日にビクトリア州のウィントン・モーターレースウェイで、引き続きのスーパースプリント戦が予定されている。

R2の多重クラッシュに巻き込まれたチャズ・モスタートは、リペアを経たR3で5位と奮闘
日曜午前の予選で最前列を得ていたDJRのアントン・デ・パスカーレ(フォード・マスタング)が移籍後初勝利をマークした
「ようやく有言実行できて安堵した」と、今季11レース目で初優勝を手繰り寄せたキャメロン・ウォーターズ(フォード・マスタング)