SCB王者マウリシオがCOVID-19陽性。代役にフォーミュラE王者のダ・コスタ起用へ

 4月24~25日の開幕戦ゴイアニアでも勝利を飾ったSCBストックカー・ブラジルのディフェンディングチャンピオン、リカルド・マウリシオが新型コロナウイルス(COVID-19)陽性反応となったことを受け、所属するユーロファーマRCは5月15~16日にサンパウロで開催される第2戦インテルラゴスに向け、代役として現フォーミュラE王者のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタを起用すると発表した。

 ブラジル最高峰の“ハコ車”シリーズで3冠を獲得するマウリシオは、同じくシリーズ3連覇の偉業を達成したWEC世界耐久選手権レギュラーのダニエル・セラとともに、開幕ゴイアニアを制圧する快調なシーズンスタートを切っていた。

 しかし、第2戦を前にしたCOVID-19テストの結果、本人は「至って元気で、軽度の症状しかない」と語るも、陽性反応が出たことで参戦不可に。チームはマウリシオの回復を願いつつ、これまで高額賞金の“ミリオン・レース”や多くの海外ゲストが招待される“ダブルス”の経験者、ダ・コスタに白羽の矢を立てた。

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権参戦を経て、WEC世界耐久選手権のLMP2などでも活躍するダ・コスタは、創世記から電動シングルシーターでも積極的に活動し、DSテチーター移籍の2019-20シーズンでは自身初のシリーズチャンピオンに輝いた。

 今季も同チームからABBフォーミュラE世界選手権に参戦するダ・コスタは、直近のモナコE-Prixを制した勢いそのままに、この木曜にもブラジル入りする予定だという。

「この段階で、リカルド・マウリシオとユーロファーマRCを代表する立場でレースを戦うのは、僕にとって大いなる名誉であると同時に大きな責任を感じる」と語ったポルトガル出身のダ・コスタ。

「今回はぶっつけ本番の週末で時間との戦いになるだろうし、以前に僕がドライブしたSCBのマシンとは、その速さもフィーリングも異なるだろうと覚悟している。でもトップチームの彼らとともに、集中して臨みたいと思っているよ」

2021年開幕戦ゴイアニアのR2で、早々に今季初勝利をマークしていたリカルド・マウリシオ
2018年の“ミリオン・レース”では当時のHERO Motorsport(ヒーロー・モータースポーツ)のシボレー・クルーズをドライブしたアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

■「シリーズに戻ってこられてうれしいが、リカルドの一刻も早い回復を願っている」とダ・コスタ

 2015年にSCBシリーズ初参戦を果たしたダ・コスタは、2016年、2017年と3年連続でダブルスの招待選手になると、2018年のミリオン・レースでは当時のヒーロー・モータースポーツのシボレー・クルーズをドライブし、3位表彰台とファステストラップを獲得している。

「僕はブラジルとこのカテゴリーをとても愛しているし、こうしてふたたび戻って来ることができて本当にうれしいんだ。ただし、その理由は心から喜べるものではないし、リカルド(・マウリシオ)の一刻も早い回復を願っている」と続けたダ・コスタ。

「彼はこのカテゴリーの第一人者であるばかりか、国を代表するトップドライバーのひとりだ。その事実は、僕にとって大いなる使命感を抱かせるし、彼の代役として恥じないレースをするべく最善を尽くすつもりだ」

 開幕を制したシボレー陣営にはルブラックス・ポディウム・ストックカー・チームから、元フェラーリF1の跳ね馬乗り、フェリペ・マッサが今季フル参戦を果たしており、一方のシリーズ参戦2年目を迎えるTOYOTA GAZOO Racing Brasil(TGRブラジル)陣営には、2014年SCB王者ルーベンス・バリチェロ(フルタイム・スポーツ/トヨタ・カローラ)や、今季シリーズデビューを果たすトニー・カナーン(フルタイム・バッサーニ/トヨタ・カローラ)が所属する。

 さらに3度のF1王者である父ネルソン・ピケ率いるピケ・スポーツから新体制で参戦のピケJr.や、こちらも元F1経験者のリカルド・ゾンタ(RCMモータースポーツ)らもトヨタ・カローラをドライブしており、5月15~16日のインテルラゴスでは国際派ドライバーたちの勝負に注目が集まる。

2018年ゴイアニアでの“ミリオン・レース”では、勝者ルーベンス・バリチェロとともに表彰台に上がっていたダ・コスタ
最前列左から、ネルソン・ピケJr.、トニー・カナーン、バリチェロ、そしてフェリペ・マッサと、2021年のシリーズには錚々たるメンバーが名を連ねる