TCRヨーロッパ開幕戦は、コロネルがポール奪取もアズコナが制覇。ベナーニも新型車で初勝利

 全22台が集結した2021年のTCRヨーロッパ・シリーズ開幕戦が、5月7~9日にスロバキアリンクで開催され、WTCR世界ツーリングカー・カップ経験者が躍進。予選ではComtoyou Racing(コムトゥユー・レーシング)のトム・コロネル(アウディRS3 LMS)が最速を刻むと、昨季終盤もジョイントしたVolcano Motorsport(ボルケーノ・モータースポーツ)からフル参戦を決めたミケル・アズコナ(クプラ・レオン・コンペティションTCR)がオープニングレースを制覇。

 そして、開幕直前にSebastien Loeb Racing(セバスチャン・ローブ・レーシング/SLR)への“復帰”を決めたメディ・ベナーニがレース2で勝利を挙げ、2020年のTCRヨーロッパ王者が新型ヒュンダイ・エラントラN TCRにシリーズ最初の勝利をプレゼントした。

 ドライのFP1はアズコナが、ウエットのFP2はコロネルがトップタイムとし、迎えた予選ではQ1、Q2を通じて、このスロバキアリンクを得意とするコロネルが路面温度11℃という厳しいコンディションのもとで先行する展開に。

 するとQ2ラストアタック時には「オンボードのラップカウンターが故障していたから、自分のタイムがチェックできなかった」コロネルが、2分10秒344の最速タイムを叩き出す。

「無線で『どうだった? どうだった?』と何度も確認したよ。そしたら『とてもいいよ、P1だ』って。理由はわからないけど、いつもこのサーキットは僕に合っているんだ。常にうまくタイヤを管理することができているからね」と語ったコロネルは、アズコナに対しわずか0.158秒差で開幕戦の最前列を確保した。

「これぞTCR……という感じだね(笑)。最後はミケル(アズコナ)のアタックを見守ることになったが、レースでは全員といい戦いをしたい。僕はいつも『10秒差で勝つより、笑顔でドッグファイトを演じて2位になりたい』と言い続けている。前者は退屈だからね!」と、お祭り男らしい言い回しで抱負を述べたコロネル。

 そのまま土曜の15時15分からスタートしたレース1は、実質的にスタートで勝負が決まる展開となり、フロントロウ2番手に並んでいたアズコナが逆襲。トラクション競争でアウディを仕留め、1コーナーに向けホールショットを奪ったアズコナは、オープニングラップから1.894秒の快適なマージンを築いていく。

開幕直前にSebastien Loeb Racing(セバスチャン・ローブ・レーシング/SLR)への“復帰”を決めたメディ・ベナーニ(左)
開幕直前にSebastien Loeb Racing(セバスチャン・ローブ・レーシング/SLR)への“復帰”を決めたメディ・ベナーニ(左)
レース1では、フロントロウ2番手に並んでいたミケル・アズコナがホールショットを奪っていく
レース1では、フロントロウ2番手に並んでいたミケル・アズコナがホールショットを奪っていく
レース1ポールシッターのトム・コロネルだったが、後続とのバトルに巻き込まれ後塵を拝する展開に
レース1ポールシッターのトム・コロネルだったが、後続とのバトルに巻き込まれ後塵を拝する展開に

■レース2ではベナーニとアズコナがデッドヒート

 一方、ポールシッターのコロネルは後続とのバトルに巻き込まれ、Zengő Motorsport(ゼングー・モータースポーツ)のダニエル・ナジー(クプラ・レオン・コンペティションTCR)や、チームメイトのニコラス・ベアト(アウディRS3 LMS)らの猛攻にさらされる。

 決勝10周の中盤まで粘ったコロネルだが、4周目についに僚友にポジションを明け渡すと、そのベアト、ナジーに続き、Q1敗退でトップ10圏外から猛追を見せたSLRのニールス・ラングフェルド(ヒュンダイ・エラントラN TCR)にもパスされ、最終的に5位フィニッシュと無念の結果に終わった。

 明けた日曜13時55分からのレース2は、予選10番手獲得でリバースポールに着いたベナーニが、レース1勝者で2018年王者でもあるアズコナとのデッドヒートを演じる展開に。

 スタートでおなじくフロントロウに並んだ僚友のエラントラ、フェリーチェ・ジェルミニを6番手に追い落とすと、もう1台のSLRヒュンダイをドライブする同郷サミ・タウフィクがグリッドから離れられなかったことで、早々のセーフティカーが導入される。

 この直前にベナーニに迫ったのが5番手発進のPSS Racing(PSSレーシング)、フランコ・ジロラミ(FK8ホンダ・シビック・タイプR TCR)で、おなじく好スタートを切ったロシア出身のクリム・ガブリロフ(アウディRS3 LMS)が、モータースポーツの世界統一戦“モータースポーツ・ゲームス”初代覇者の実力を示し、シビックにテール・トゥ・ノーズで続いていく。

 車両回収後にすぐさまリスタートが切られると、べナーニは首位を堅持したものの、後方から9番グリッドスタートのアズコナがチャージを掛け、ガブリロフやジロラミを鮮やかに料理し、首位エラントラの背後にまで迫っていく。

 ここで1対1のデュエルと化した首位争いは、ペースに勝るアズコナをベナーニが冷静に抑える好バトルとなり、最終的に0.501秒の僅差でフィニッシュラインへ。ベナーニは未勝利での戴冠となった2020年の雪辱も果たし、自身3年ぶりのTCRヨーロッパ勝利を飾り、デビュー戦のエラントラにも記念すべきTCRヨーロッパ初優勝を贈ることに。

 最後の表彰台には、一時ガブリロフに先行されていたジロラミが意地を見せ、再逆転で3位に滑り込んでいる。

 これでアズコナが84ポイントでランキング首位に立ち、62点のべナーニ、60点のナジーが続くランキングとなったTCRヨーロッパ・シリーズ。続く第2戦は5月28~30日に、フランス・ポールリカールで争われる。

レース2はリバースポールを得たメディ・ベナーニにとって、優位な展開で進んでいく
レース2はリバースポールを得たメディ・ベナーニにとって、優位な展開で進んでいく
ネストールの弟であるフランコ・ジロラミは、バトルを制しての開幕戦表彰台を獲得した
ネストールの弟であるフランコ・ジロラミは、バトルを制しての開幕戦表彰台を獲得した
「真新しいクルマだし、セッションごとに進化があった。ミケルとの攻防は"フルリスク"で走った」と、レース2勝者のベナーニ
「真新しいクルマだし、セッションごとに進化があった。ミケルとの攻防は”フルリスク”で走った」と、レース2勝者のベナーニ