Racer Mooncraft Racingが2021年のスーパー耐久参戦体制を発表。メンテナンス体制を一新しST-TCRクラスに参戦

 昨年、スーパー耐久シリーズ ST-TCRクラスをホンダ・シビック・タイプR TCRで戦ったM&Kマネージメント株式会社はプレスリリースを発行し、スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookへの参戦体制を発表した。マシンは引き続きシビック・タイプR TCRだが、今季よりムーンクラフトが車両メンテナンスを担当することになり、チーム名も『Racer Mooncraft Racing』と一新して参戦することが明らかにされた。

 2020年シーズンは童夢が車両メンテナンスを担当し、『Racer DOME Racing』として参戦した97号車は、第1戦富士24時間、第4戦もてぎ、第5戦オートポリスの3戦にスポット参戦し、第5戦で勝利を手にしている。迎えた2021年シーズンは第3戦『NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース』より参戦を果たすが、車両メンテナンスが童夢からムーンクラフトに変わり、チーム名も『Racer Mooncraft Racing』へと一新されることとなった。

 ドライバーラインアップは、4年連続でTCRをドライブする遠藤光博がAドライバーを務め、元F1ドライバーでSRS-Fバイスプリンシパルを務める中野信治がBドライバーに。CドライバーにFIA-F4に参戦中の小出峻、FドライバーにN-ONEオーナーズカップからステップアップした原田健太と、昨年から4名が継続。そして、新たに澤龍之介がDドライバーに起用されることとなった。なお、澤と原田は富士24時間レースのみの起用となる。

 第3戦からRacer Mooncraft Racingが参戦を果たすことで、2021年シーズンのST-TCRクラスも、ようやく複数台の車両による戦いが繰り広げられることになる。2021年シーズン、Racer Mooncraft Racingにとっては初戦となるシリーズ第3戦『NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース』はST-TCRクラスの戦いにも注目だ。

■Racer Mooncraft Racing 2021年スーパー耐久参戦体制

チーム名:Racer Mooncraft Racing
車両名:Racer ホンダカーズ桶川 CIVIC
ゼッケン:97
参戦クラス:ST-TCR
運営:M&Kマネージメント株式会社
メンテナンス:ムーンクラフト株式会社
ドライバーラインアップ
 Aドライバー:遠藤光博
 Bドライバー:中野信治
 Cドライバー:小出峻
 Dドライバー:澤龍之介
 Eドライバー:原田健太

2020年の第5戦オートポリスを制したRacer ホンダカーズ桶川 DOME CIVIC
2020年の第5戦オートポリスを制したRacer ホンダカーズ桶川 DOME CIVIC