ベントレープロデュースの高級家具に新作追加。大理石を再利用した革新的ファブリックも登場!

ベントレープロデュースの高級家具に新作追加。大理石を再利用した革新的ファブリックも登場!

ベントレー車の世界を自宅にも

ベントレーは2013年より、「ベントレー ホーム」と銘打つコレクションで、アームチェアやシェルフ、ベッドといったファニチャー全般を取り扱ってきた。ベントレー車に共通する職人技術や風格、優美なデザインを備えた家具は、高級車を所有する生活全体を俯瞰して演出するという、ベントレーの思想を反映している。

今回、その「ベントレー ホーム」に、新たに4種類の新作が追加された。いずれも、昨今のプロダクトデザインの潮流である「独創的な仕上げ」と「革新的な素材」を採用しているのが特徴。

「ベントレー ホーム」コレクションの「Aldford Table」

職人技術がエアブラシで描く“グラデーション”

新コレクションに使われている注目の技法が、「デグラデ(フランス語でグラデーションの意)」と呼ばれるラッカー塗装仕上げ。複雑で繊細な工程を経て、緩やかに融け合うような濃淡を表現する独特の表面加工には、高い職人技術が必要とされる。

まずは加工対象の木材へ、慎重に手でニスを塗布したうえで、匠レベルの職人がエアブラシを使って絵画を描くようにラッカーを吹き付けて美しいグラデーションを生み出していく。たっぷり時間をかけて塗装を行った後、さらに深みと硬質な面を作り出すために細やかな磨きを実施。さらに4層ものニスが重ねられたうえで、最後の磨きをかけてようやく完成する。

「ベントレー ホーム」コレクションの「Ramsey Sofa」

大理石の粉塵をファブリックに再利用

「MARM/MORE」と名付けられた、特許取得済みの革新的なファブリック素材を使っているのもハイライトのひとつ。これは、大理石の加工時に生まれる粉状の塵を再利用するというエコ志向なマテリアルだ。廃棄物の削減に繋がるサステナブルなマテリアルを生み出すことは、製造業界における重要なトレンドである。

原料となる“粉”は高品質な大理石のものを厳選。粉自体はイタリア産であり、それをファブリックの張り地に仕上げる工程もイタリアで行なうため、純粋なるメイド・イン・イタリーの新素材といえる。原料の“粉”は特別な複合材とミックスされ、コットン織物と組み合わせることでユニークな肌合いのファブリックとして生まれ変わる。

「MARM/MORE」にはライトグレーとナチュラルグリーンの2色を用意しており、いずれもマットな質感が特徴的。この革新的なファブリック地は、今回の新コレクションにはもちろん、既存の家具の張り地に選ぶこともできるという。

「ベントレー ホーム」コレクションの「Styal Desk」

テレワーク時代を意識した「デスク」も登場

新コレクションの目玉となるアイテムが、「Styal Desk」と呼ぶ大胆なデザインのデスク。テレワークや在宅での仕事が注目を浴びるこのタイミングで、「ベントレー ホーム」も仕事用のアイテムをいよいよ投入した。

「Styal Desk」は優雅なカーブを描く3mに及ぶ木製フレームのデスクに、レザーもしくは木目仕上げのサイドボードがセットとなる。「デグラデ」塗装の美しい木製デスクは4分割構成で仕立てられており、それぞれの境界線はメタル仕立てが基本で、さらにレザーやウッドで装うこともできる。

「ベントレー ホーム」コレクションの「Ramsey Sofa」

2人掛けソファもコレクションに初登場

「Aldford Table」は長方形、もしくは円形の2タイプをラインナップ。根元に向けて優雅にシルエットを変化させる脚部にも、注目の「デグラデ」塗装を使用。テーブルトップの基部には光沢仕上げのブラック塗装面と、メタル仕上げ面の2層が組み合わされ、軽やかでありながら奥行きのあるムードを作り上げている。天板は2種類の大理石、3種類の木材から選ぶことができ、木材にはすべて「デグラデ」塗装を組み合わせることが可能。

シートを浮かせるように配置した独創的な「Ramsey」ソファもまた、流れるようなフレームのシルエットが目を惹く逸品である。昨今の住宅環境を考慮し、「ベントレー ホーム」には初となる2人掛け仕様も用意。フレーム部分はウッドパネルだけでなく、レザー、または「MARM/MORE」仕上げとすることもできる。