ベッテル「キミの後ろでタイヤを傷めてしまい、入賞争いが困難になった」:アストンマーティン F1第4戦決勝

 2021年F1第4戦スペインGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのランス・ストロールは11位、セバスチャン・ベッテルは13位でレースを終えた。

■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
ランス・ストロール 決勝=11位

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2021年F1第4戦スペインGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

 結局ポイントを獲得できなかったことに少し不満だ。僕たちはアルファタウリと激しく戦っていたが、10位に入るのに十分ではなかった。

 フェルナンド(・アロンソ/アルピーヌ)とも激しいレースをしたし、ターン1でレーシングアクシデントもあった。僕はコーナー進入時に深くブレーキを踏んだけれど、彼はブレーキングが遅れたんだ。僕たちは接触し、僕は彼に押し出されてワイドになった。

 今週末はマシンについて学びと改善を続けるのに役に立った。モナコまでに、もう少しスピードを出せるように作業を続けていくよ。

■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=13位

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第4戦スペインGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

 非常にトリッキーな午後だった。それに最後にはタイヤのライフを使い果たしていた。2ストップ戦略を採ったというのにね。2回目のストップはかなり早めに行い、キミ(・ライコネン/アルファロメオ)の後ろに出たけれど、そのせいでかなりタイヤを傷めてしまったと思う。それでポイントを賭けて戦うことが難しくなった。

 後になって考えて、違うやり方ができただろうと言うのはいつだって簡単なことだ。でも終盤の周回で、タイヤにアドバンテージのある周りのマシンと戦うのは難しいことだったよ。

 それでも懸命に取り組みを続けていく。まだ長いシーズンが先に控えていることは分かっているからね。ここで投入した新パーツは役に立った。週末ごとに前進し続ける必要がある。