エネオスとトヨタがウーブン・シティでの水素エネルギー利活用の具体的な検討を開始

 エネオスとトヨタ自動車は、静岡県裾野市でトヨタが建設を進める実験的都市『ウーブン・シティ』での水素エネルギー利活用について、具体的な検討を進めることに基本合意したと発表した。両社は、トヨタの子会社でソフトウェアを中心としたさまざまなモビリティの開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社とともに水素の一連のサプライチェーンに関する実証をウーブン・シティとその近隣で行い、2050年までのカーボンニュートラル実現への貢献を目指す。

 ウーブン・シティは、トヨタ自動車東富士工場跡地に建設が予定されている実験的な都市。居住者ひとりひとりの生活を想像しながら取り組む『ヒト中心の街』であり、水素をはじめとするさまざまな領域の新技術をリアルな場で実証する『実証実験の街』とされている。トヨタ子会社で、ジェームス・カフナーCEO、豊田大輔シニア・バイス・プレジデントが率いるウーブン・プラネット・ホールディングスがプロジェクトを進めている。

 そんなウーブン・シティでのモビリティに向け、エネオスとトヨタ自動車が水素エネルギー利活用について、具体的な検討を進めることに基本合意した。両社はウーブン・プラネット・ホールディングスとともに水素を『つくる』、『運ぶ』、『使う』という一連のサプライチェーンに関する実証をウーブン・シティおよびその近隣で行い、日本や世界の多くの国が宣言する2050年までのカーボンニュートラル実現への貢献を目指す。

 エネオスは四大都市圏において商用水素ステーションを45カ所展開する、水素事業のリーディングカンパニーで、本格的な水素の大量消費社会を見据えたCO2フリー水素のサプライチェーン構築や水素製造に関する技術開発にも取り組んでおり、エネルギーの低炭素化を推進している。

 一方トヨタは、5月の富士SUPER TEC 24時間レースにROOKIE Racingを通じて水素エンジン搭載のカローラ・スポーツを投入するように、水素を将来の有力なクリーンエネルギーと位置づけており、乗用車から商用車、産業車両、鉄道、船、定置式発電にいたるまでさまざまな用途での水素および燃料電池(FC)技術の開発・普及に取り組んでいる。

 両社の水素に関する知見を活かし、さまざまな実証を通じて、ウーブン・シティにおけるモビリティ、人の暮らし、そして街全体のカーボンニュートラルを目指し、水素を身近に感じてもらいながら、豊かさと持続可能性が両立する社会の実現にチャレンジしていくとしている。

 エネオスの大田勝幸社長は、「街全体で未来の技術を実証するトヨタの構想に強く共感するとともに、ウーブン・シティプロジェクトに参画できることを大変嬉しく思います。世界規模でカーボンニュートラルに向けた動きが加速するなか、水素エネルギーはその実現の切り札として期待されています」とコメントした。

「今回、水素社会の形成をリードするトヨタとともに、ヒトと水素が共存する新しいライフスタイルの創出につながる実証を進めていく意義は極めて大きいと考えます。両社でウーブン・シティが目指すコンセプトを世界に発信することで、エネルギーの新たな未来が拓かれることを切に願っています」

 また、トヨタ自動車の豊田章男社長は「日本を代表する『総合エネルギー企業』として水素の製造から販売まで一貫して取り組まれているエネオスをコアパートナーに迎え、ウーブン・シティでの水素社会実証を行えることを大変嬉しく、心強く思います」とコメントした。

「水素社会の実現に向けては、個々の技術の進化に加えて、『つくる』、『運ぶ』、『使う』というすべてのプロセスをつなげて取り組むことが欠かせません。今後エネオスと一緒に、ウーブン・シティというリアルな場で『ヒト中心』に、地域とともに、水素を使った暮らしのあり方や技術を検証し、その原単位を日本全国や世界に展開できるよう、取り組んでまいります」

ウーブン・シティの完成イメージ図
ウーブン・シティの完成イメージ図
富士スピードウェイのパドックに設けられた水素ステーションで水素のチャージを行うカローラ・スポーツ
富士スピードウェイのパドックに設けられた水素ステーションで水素のチャージを行うカローラ・スポーツ
2021スーパーGT第2戦富士 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)
2021スーパーGT第2戦富士 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)