F1第4戦スペインGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

 2021年F1第4戦スペインGPの決勝レースで6位~10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位~10位のドライバーはダニエル・リカルド(マクラーレン)、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)、ランド・ノリス(マクラーレン)、エステバン・オコン(アルピーヌ)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)だ。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=10位

2021年F1第4戦スペインGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第4戦スペインGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

 複雑な気分なんだ。レースのなかでうまく挽回したと思うけれど、最初の2戦に比べると間違いなくペースが不足していたので、その点が残念だ。

 グリッドでミスをした件については、自分に対して腹を立てている。そんなことでペナルティを受けることになって、レース中に苦労する羽目になった。いいバトルをいくつかできたし、何台かをオーバーテイクして10位に入ることができたけどね。

 このマシンにポテンシャルがあるのは間違いない。でも1周のすべてのコーナーで一貫してうまく機能させるということが、まだできずにいる。これからモナコへの準備に取り組んでいくよ。チームは今後の数戦のなかで前進を図ることができるだろう。

(F1公式サイトに対してペナルティについて語り)僕はいつも、ほんの1ミリでも有利になるよう行動しているが、今回は判断を誤って、行き過ぎてしまった。こんなペナルティを受けるなんて、自分に腹が立つよ。ほんの少し行き過ぎたことで、大きなつけを払う結果になった。9位のオコンとの差は0.1秒ぐらいだった。つまり、5秒ペナルティを受けたことでポイントを失ったことになる。

■アルピーヌF1チーム
エステバン・オコン 決勝=9位

2021年F1第4戦スペインGP エステバン・オコン(アルピーヌ)
2021年F1第4戦スペインGP エステバン・オコン(アルピーヌ)

 厳しいレースだった。レース中、フェラーリやマクラーレンと同等の速さを出せなかったから、いくつかのことを見直さなければならない。良かったことは、昨年はここでポイントを獲得できなかったけれど、今年は2ポイント取れたことだ。

(5番手だった)予選を考えると理想的な結果ではないが、それを受け入れて次のレースに臨むよ。レースペースに関して取り組まなければならないね。いつものように、自分たち自身を改善するために話し合う必要がある。

 モナコではどのような結果を出せるか見てみよう。あそこでまた走れるのは素晴らしいことだ。さらに上の結果を出そうというモチベーションとともにモナコに向かうよ。

■マクラーレンF1チーム
ランド・ノリス 決勝=8位

2021年F1第4戦スペインGP ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第4戦スペインGP ランド・ノリス(マクラーレン)

 厳しいレースだった! 実際予想されていたことだけどね。ここはオーバーテイクがとても難しいから。それでも、僕たちはできる限りのことを達成できたと思う。記録上は望んでいるほど強力な結果ではないが、今日はそのことはそれほど重要ではないと思う。一日を通してまずまずのペースを出すことができてよかったと思う。

 このトラックの特徴を考えれば、僕たちはできるだけのことをやったといえるだろう。それが8位という結果なのだし、ダブルポイントになったから、チームのためにも喜んでいる。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
カルロス・サインツ 決勝=7位

2021年F1第4戦スペインGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)

 7位に満足することはできないよ。スタートの蹴り出しが悪く、ターン1を抜けたあたりで他のマシンに囲まれて行き場をなくし、いくつかポジションを落とした。でもその後は強力なペースで走れた。

 今日のマシンバランスはとてもよかったし、タイヤもうまく機能させることができた。まだストレートスピードが少し不足していて、オーバーテイクに苦労する。それについては対策に取り組む必要があるね。僕自身は、細かい部分の修正のためにこれからも努力していく。今日はもっといいスタートを決めていれば、5位でフィニッシュできたはずなんだ。戦略はうまくいったし、チームのピットストップ作業も速かった。全員がいい仕事をして、選手権ポイントをたくさん稼いでスペインを発つことができる。自分たちが完璧でない部分を分析して、さらに改善を進めていこう。

■マクラーレンF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=6位

2021年F1第4戦スペインGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第4戦スペインGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)

 良い週末だったよ。全体的にこれまでで最高の週末だと言える。今日はマシンから最大の力を引き出せたと感じているんだ。ずっと防御していたんだけどね!

 スタートで何台か抜いたが、当然ながら彼らの方がわずかながら速かったと思う。そのため、必死に防御しなければならなかった。速いペースで走らなければならず、ずっとプッシュしていた。その結果、このマシンについてさらに学ぶことになったよ。

 僕たちにはポイントを狙える競争力はあった。ただ、あと少し改善する必要がある。フェラーリは今日は僕たちより少し速かったし、もちろんレッドブルが速いことは分かっている。まだやるべきことがあるということだね。でも全体的にはスムーズでよくまとまった週末だった。

 チームのピットストップ戦略は優れていたし、6位は今日の僕たちに可能な最高のリザルトだったと思うよ。