F1第4戦スペインGP決勝トップ10ドライバーコメント(2)

 2021年F1第4戦スペインGPの決勝レースで優勝〜5位のドライバーが日曜日を振り返った。優勝〜5位のドライバーはルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)だ。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 決勝=5位

2021年F1第4戦スペインGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第4戦スペインGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 このコースはオーバーテイクが簡単ではないので、厳しいレースになった。オープニングラップはうまくいき、いくつか順位を上げた。でも(マクラーレンの)ダニエル(・リカルド)をパスするのにかなり時間がかかってしまった。マクラーレンはストレートでとてつもなく速かったので、仕掛けるのが難しかったんだ。結局はターン1のアウト側から抜くことができたけどね。

 今日自分がやるべきことは分かっていた。プッシュし続け、なんとかやるべきことを成し遂げたけれど、タイヤのライフがあまり残っていなかったので、きつかったよ。

 マシンに自信を持って乗れるようになりつつある。グランプリウイークエンドを終えるたびに「週末が今始まったばかりならいいのに」と思うよ。サーキットはひとつひとつ違うから、ここで学んだことはモナコで必要なこととは違うものだろうけど、大事なのは今適応しつつあるということ。じきに100パーセントの状態になることを願っている。モナコが楽しみだ。レッドブルのマシンは過去にモナコで強さを発揮してきたから、優勝するチャンスがあると思う。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 決勝=4位

2021年F1第4戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第4戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 とてもいいレースだった。スタートを決めて、ターン3でアウト側のラインをとった。それがうまくいったんだ。その後もとてもいいレースをした。ソフトタイヤでもミディアムでもペースは強力だったよ。今日は4位が僕らに可能な最大の結果だった。

 とても満足している。マシンに乗っていて、自分がいい仕事をしているときはそれが分かるものだ。今日はいい仕事ができたと思う。

 僕たちチームは本当にいい仕事をした。すべてを完璧に進めることができたんだ。去年と比べて大きく進歩したことが分かる。マラネロのファクトリーで懸命に働いてくれている皆のおかげだ。

 テクニカルなサードセクターでとても速かった。モナコに向けてポジティブな兆候なのだといいね。今シーズンの僕たちは、低速コーナーで強いみたいだから、モナコでもそうであることを祈っている。ホームレースだからすごく楽しみにしているんだ。グランドスタンドにファンを迎えることができるなんて本当にうれしい。モナコでも今回のように強さを発揮したいね。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス 決勝=3位

2021年F1第4戦スペインGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第4戦スペインGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)

 1周目のターン3でシャルルに抜かれたことが、ファーストスティントに響いた。今日はもっといい結果を望んでいたが、達成できなかった。全体的にペースは悪くなかったので、もっと上位でフィニッシュできなかったことが残念だ。少なくとも表彰台に上れたのはよかったけどね。

 3位には決して満足できない。勝つために走っているのだから。でもチームにとっていい一日になったことは間違いない。今回も大量にポイントを獲得することができた。

 2週間後のモナコは独特のチャレンジになる。走るのが楽しみだよ。

(後ろから来るハミルトンになかなか譲らなかったことについて語り)もっと早く彼を前に出すことも可能だったが、僕も自分のレースをしていた。常にいろいろなことを計算しているんだ。シャルルをピットウインドウ外に追いやってからピットインして、(ファステストラップの)追加の1点を狙いに行こうとしていた。あの時、一番に考えていたのは自分のレースのことだ。

(チームからの無線では)彼をあまり抑えすぎるな、と言われただけだ。でも僕は僕でレースをしていて、誰かを抜かせてやるために走っているんじゃない。それでああなった。

 レーシングドライバーとしては自分を優先するけれど、同時に、チームのために働いているわけだから、自分が勝てないとしてもチームの勝利のチャンスを台無しにしたくはない。僕はチームと自分のためにベストのことをしようとした。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン 決勝=2位

2021年F1第4戦スペインGP 決勝後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第4戦スペインGP 決勝後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

 今日はやれることをすべてやった。ターン1でリードを取ることができたが、その後はメルセデスと比べてペースが少し劣っていた。もちろん優勝したかったけれど、今日はやれることをすべてやり、チャンスを最大限に生かしたので、それほど落胆する必要はないと思っている。

 他の戦略を採り、2回ストップで彼らよりも前にピットストップをしていたとしても、彼らに勝てるだけのタイムを稼ぐことはできなかっただろう。今日は彼らの方が速かったからね。

 自分のペースについても、このマシンの限界がどこにあるかについても、理解している。彼らは後ろにいてフリーストップが可能な状況だったので、違う戦略を実行するのは簡単だった。

 彼(ハミルトン)が2回目のピットストップをした時、新品タイヤですぐ後ろまで追いついてくるだろうことは分かっていた。ちょうど2019年のハンガリーと同じだ。できる限りのことはしたけれど、全く抵抗できる状態ではなかった。タイヤの状態によってペースが違ったから、ルイスは簡単に前に出ることができたんだ。僕は少なくとも2位はキープし、ファステストラップも記録することができた。

 今日はペースが少し足りなかったので、2位が最大の結果だった。彼らはレースペースを改善してきたようだ。なぜそれができたのか、分析する必要がある。

(自身の公式サイトに語り)こうなるだろうことは分かっていた。彼(ハミルトン)はソフトタイヤで僕より速く、ミディアムコンパウンドでも明らかにペースがよかったからだ。そうなると僕たちにできることはあまりない。なんとか自分のレースをしながらタイヤマネジメントをうまくやろうと全力を尽くしたけれど、どういうわけか僕たちの方が遅く、タイヤの摩耗に関しても彼らの方が少しよかった。だから、ハミルトンが2回目のピットストップに入った時、これでおしまいだと分かったんだ。僕の方はずっとタイヤに苦しんでいて、彼らは1周ごとにどんどん近づいてきた。つまりなす術がない状態だった。

 今日のレースで、自分たちが目指す状態にまだ到達していないことがはっきりした。努力して追いつく必要がある。今は僕たちの方が少し遅いからね。でも去年と比べると大きく前進したのは確かだよ。

(記者会見で1回目のタイヤ交換について聞かれ)ピットにいつ入るのかについてミスコミュニケーションがあった。僕はあのラップに入らなければならないと思ったけれど、実際にはそうではなかった。でも幸い、さほど大きなロスはしないで済んだ。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=1位

2021年F1第4戦スペインGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝
2021年F1第4戦スペインGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝

 最高の一日だ! 今週末もチーム全体が素晴らしい仕事をしてくれた。観客が戻ってきたのを見られたこともうれしい。イギリス国旗を持っている人もいたね。久しぶりの光景ですごくうれしかった。

 スタートは厳しかった。グリッド右側の方がラバーが乗っていて、マックスがすごくいいスタートを決めたんだ。その後はひたすら追いかけたよ。序盤はずっとマックスのすぐ後ろを走っていたから、ダーティエアの影響でタイヤが持たないんじゃないかと心配した。

 2回目のピットストップの後、かなり後ろに下がってしまった。マックスとの差は20秒ぐらいだったと思う。あれはチームの大胆な選択だった。僕のなかではかなりの葛藤があった。でもチームとの間には信頼関係がある。結局あれは最高の決断だったんだ。

(レース後の会見で語り)最初からずっと、2回ストップができるようにミディアム2セットを決勝に必ず残しておくと決めていた。1回ストップの方がうまくいきそうにも見えたが、成功させるのは簡単ではないことを経験から知っていたんだ。

 でも、マックスをパスする速さがあると分かっていたので、(2回目のピットストップをするという)チームの指示を無視してステイアウトしようか、という迷いもあった。でももちろん、チームの指示どおりにしたよ。今日はチームの全員がすごい仕事をしてくれた。