林テレンプ SHADE RACING、86に新田守男を、GRスープラに山田真之亮を起用。悲願の富士24時間制覇に挑む

 5月10日、スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookに参戦する林テレンプ SHADE RACINGは、5月21~23日に開催される第3戦『NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース』において、884号車林テレンプ SHADE RACING 86に新田守男を、885号車林テレンプ SHADE RACING GR SUPRA GT4に山田真之亮をDドライバーとして起用することを発表した。

 2018年シーズンよりスーパー耐久への挑戦を続けている林テレンプ SHADE RACINGは、これまでトヨタ86で参戦してきたST-4クラスに加え、2021年シーズンよりトヨタGRスープラGT4を導入し、ST-Zクラスへの挑戦も開始。86とGRスープラGT4の2台体制で2021年シーズンを戦っている。

 ST-4クラスの884号車林テレンプ SHADE RACING 86(国本雄資/石川京侍/清水英志郎)は、これまでの2戦とも優勝で終えており、ポイントランキングトップ。14台が参戦し、大激戦が繰り広げられているST-Zクラスの885号車林テレンプ SHADE RACING GR SUPRA GT4(HIRO HAYASHI/平中克幸/三浦愛)はランキング11番手につけている。

 そんななか、シーズンの大一番ともいえる第3戦『NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース』において、スーパーGT GT300クラスで通算最多勝となる22勝を記録している新田守男が884号車のDドライバーに。昨年までGT300クラスに参戦し、今季は第2戦まで同じST-Zクラスの34号車テクノ・SUN’S・モノコレ G55のステアリングを握っていた山田真之亮が885号車のDドライバーとして加わることが5月10日、チームからのプレスリリースで明らかとなった。

 チームは「強力な体制で、悲願の富士24時間レース制覇に向け挑みますので、ご声援よろしくお願い致します」としている。

884号車に新田守男を、885号車に山田真之亮をDドライバーとして起用する林テレンプ SHADE RACING
884号車に新田守男を、885号車に山田真之亮をDドライバーとして起用する林テレンプ SHADE RACING
第2戦SUGOはクラス8位でチェッカーを迎えた林テレンプ SHADERACING GR SUPRA GT4(HIRO HAYASHI/平中克幸/三浦愛)
第2戦SUGOはクラス8位でチェッカーを迎えた林テレンプ SHADERACING GR SUPRA GT4(HIRO HAYASHI/平中克幸/三浦愛)
第2戦SUGOを制した林テレンプ SHADERACING 86(国本雄資/石川京侍/清水英志郎)
第2戦SUGOを制した林テレンプ SHADERACING 86(国本雄資/石川京侍/清水英志郎)