最新ハイパースポーツ「ランボルギーニ エッセンサ SCV12」をドライブできる!? 人気レースゲームに導入決定【動画】

最新ハイパースポーツ「ランボルギーニ エッセンサ SCV12」をドライブできる!? 人気レースゲームに導入決定【動画】

Lamborghini Essenza SCV12

ランボルギーニ エッセンサ SCV12

累計10億ダウンロードを突破した人気レースシリーズ

ランボルギーニのサーキット専用ハイパースポーツ「エッセンサ SCV12」が、5月13日から人気レースゲーム『アスファルト9:Legends(Asphalt 9 Legends)』に登場する。ゲームロフトが開発したアスファルト9は、シリーズ総計10億ダウンロードを突破したアスファルト・シリーズの最新作。世界中の70以上のコースを舞台に、エッセンサ SCV12でレースを戦うことができることになった形だ。

アスファルト・シリーズを開発・販売するフランスのゲームロフト(Gameloft)社は、シリーズの最新スペシャルマシンとしてエッセンサ SCV12をチョイス。この世界限定40台のサーキット専用モデルは、最高出力830hp以上を発揮する自然吸気V型12気筒エンジンを搭載する。

ランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラコルセが開発を担当し、デザイン部門のチェントロ・スティーレによる専用ボディが与えられたエッセンサ SCV12は、2020年7月に発表。このマシンを手にした特別なカスタマーは、世界の名だたるサーキットでハイパーカーを走らせるための特別なドライビングプログラムへの参加が約束されている。

人気レースゲーム『アスファルト9:Legends』に、ランボルギーニ エッセンサ SCV12が登場

eスポーツへ積極的に関与するランボルギーニ

近年、ランボルギーニはeスポーツへの投資を続けており、これまで様々なゲームとコラボレーションを行ってきた。『アスファルト9:Legends』にエッセンサ SCV12が登場することについて、ランボルギーニのモータースポーツ部門トップのジョルジョ・サンナは、次のようにコメントした。

「現在、ランボルギーニが参戦しているすべてのGT選手権は、ゲームとしても楽しむことができます。本物のドライバーやファンがヴァーチャルでレースを楽しめるだけでなく、仮想サーキットを舞台に経験を積むことさえできるのです」

「ゲームには遊び心があり、私たちのクルマを一般の方や若い世代の方に紹介するためにも重要なツールになっています。このような理由から、エッセンサ SCV12を『アスファルト9:Legends』に登場させました。誰もがこのサーキット専用ハイパースポーツのステアリングを握って、最高のスリルを味わえるようになったのです」

人気レースゲーム『アスファルト9:Legends』に、ランボルギーニ エッセンサ SCV12が登場

エッセンサ SCV12は5月13日からダウンロード

5月13日からは、世界中のゲーマーが自分のエッセンサ SCV12(ボディカラーは全8色からチョイス可能)をダウンロードし、モバイルeスポーツ大会「ランボルギーニ エッセンサ SCV12チャレンジ」の第1回大会に参加することできる。

『アスファルト9:Legends』は、現在iOS、Android、Microsoft Windows 10、Nintendo Switch、macOS向けに配信。50種類以上のマシンをラインナップし、キャリアモードでは800ものレースに挑戦することができる。また、マルチプレイではリアルタイムで最大7人が対戦可能となっている。