「ZC33Sスイスポを極めるならこのキットを!」純正ホイールにも収まるビッグキャリパーに大注目

「ZC33Sスイスポを極めるならこのキットを!」純正ホイールにも収まるビッグキャリパーに大注目

ホイール次第では16インチサイズも可能!

スリム4シリーズの実力を試す!

社外ブレーキキャリパーキットのインストール時に、純正ホイールとのマッチングを気にするユーザーは多い。もちろん、サーキット専用スペックならば大型化したブレーキに合わせたホイールを選択すれば問題はない。しかし、日常の大半を街乗りで使用しているクルマとなると、スタッドレス用に純正ホイールを使うケースもあるからだ。

そうしたストリートメインのチューンドに対して、アクレが展開しているのが“スリム4”と呼ばれるシリーズ。ここでは最新作のZC33Sスイフトスポーツ用キットをメインに、ディティールや性能をチェックしていく。

この製品のトピックは、やはりキャリパーボディのスリム化によって純正17インチ(5mmのスペーサー使用)や社外16インチホイール(形状による)のインストールを可能にしていることに尽きるだろう。ストッピングパワーはそのままに、ホイールの選択肢を大幅に広げることができるというわけだ。

また、組み合わせるローターは300mmの大型2ピースタイプとなるが、素材や設計を最適化することで純正よりも軽く仕上げられている点も見逃せない。

ちなみに、取材車両のリヤブレーキは純正キャリパー+フォーミュラ700Cパッドという組み合わせだ。これにより前後バランスを調整している。

今回は、このブレーキキャリパーの性能を探るためにプロドライバーによるサーキットテストを敢行。ステージは筑波サーキット、ドライバーは谷口信輝選手と佐々木雅弘選手の両名だ。

まず谷口選手は「ハッキリ言ってすごく普通。普通っていうと悪く聞こえるかもしれないけど、尖ったポイントがなくてコントロール性が抜群に良いって意味ね。何よりもABSが介入するギリギリのゾーンでコントロールが効くし、もちろん踏み込めば確実に止まるから安心感も高いよ!」とコメント。

佐々木選手も「分かります! このブレーキキャリパーはピストン径が小さめになっているので、ピストンの対角で押さえつける感触がすごく自然。キャリパー交換でフロントの制動力が上がった時に、パッドの味付けも含めて前後のブレーキバランスがちょうど良いポイントにくる設計になっているところも秀逸ですよね」とコメント。その性能を高く評価した。

このブレーキキットの価格は38万2800円。スポーツ性能を高めたいオーナーも、ドレスアップ派も要チェックのアイテムと言えるだろう。

●問い合わせ:アクレ TEL:042-516-9600