「エンドレスの最新ブレーキキャリパーが革命的すぎる!」ブレーキパイプが・・・ない!?

「エンドレスの最新ブレーキキャリパーが革命的すぎる!」ブレーキパイプが・・・ない!?

モノブロック構造ならではの軽さと剛性も魅力!

ダート走行にも対応した最新スペックキャリパー

トップレースカテゴリーのみならず、チューニングシーンでも圧倒的なシェア率を誇るエンドレスのブレーキシステム。絶対的な制動力のみを求めるのではなく、効きのポイントやペダルタッチなど、あらゆる観点から高性能ブレーキシステムを構築していく様は、制動系スペシャリストとしての強いプライドが感じられるほどだ。

そんなエンドレスの最新作が、この『レーシングMONO6TA&MONO4TA(両製品とも試作段階)』だ。コア技術は、ずばり“ブレーキパイプレス”のボディ。走行ステージによっては、飛び石などでブレーキパイプが破損する恐れもある。その問題を解決するために、ブレーキパイプをキャリパー本体内にオイルラインとして入れ込む技術を独自に開発したのである。

また、タイムアタック(TA)の名を冠しているように、各部の贅肉を削ぎ落として徹底的な軽量化を行っている点も見逃せない。

キャリパー表面に刻まれた模様(ミーリング加工)は、表面積を広げて放熱効果を高めることを目的にした技術。ショーアップではなく、実戦での効果を追求した機能美だ。このような拘りも、レーシングMONOシリーズとしての価値を高めていく。

今回は、この大注目の新製品をインストール(F6ポット&360mmローター R4ポット&332mmローター)したGRヤリスで、プロドライバーによるインプレッションテストを敢行。ステージは筑波サーキット、ドライバーは谷口信輝選手と佐々木雅弘選手の両名だ。

まず佐々木選手は「このシステムはスーパーGTで使っているものと同じで、コントロール性もタッチも抜群に良いんです。今回はローター径とパッドの相性なのか、熱が入る前はちょっとパッドが勝っている感じがしましたね。でも、試作のシェイクダウンとしては良い仕上がりだと思います」とコメント。

続けて谷口選手は「僕は熱が入った後に乗ったから、マサ(佐々木選手)とは少し違う印象かな。むしろABSの介入直前までの調整もすごくしやすいし、欲しいところでしっかりと制動力が生まれるからニュートラルで乗りやすい。個人的な好みだと、ちょっとリヤが効きすぎる感じがしたんだけど、この辺はパッドの選び方でアレンジできるレベルかな」とのこと。

モータースポーツの場で育てられ、常に求められる性能以上のパフォーマンスを提供し続けるエンドレス。その最新モデルは、まさに現代における究極のブレーキシステムなのである。

●エンドレスアドバンス TEL:0267-68-6888