F1 Topic:バルセロナのターン10は緩やかなカーブに改修。コーナー立ち上がりでの勝負チャンスが増加か

 第4戦スペインGPが開催されているバルセロナ-カタロニア・サーキットのレイアウトが一部変更になった。変更されたのは、ターン10とターン11で、これは、F1を統括するFIAとMotoGPを統括するFIMが連携し、安全性を向上させるために実施された。

 バックストレートエンドにあるターン10は、サーキット建設当初はR(半径)が比較的大きいカーブだった。これが2004年に改修され、Rが小さくなったヘアピン状に変更された。これにより、全長は4.727kmから4.655kmに変更となっていた。

F1 Topic
2004年に改修され、2020年まで使用されたレイアウト

 今年、再びRを比較的大きくとったカーブに変更されたが、2003年以前に使用していた形状と似ているものの、若干異なる新しいレイアウトととなっている。そのため、全長はかつての4.727kmではなく、4.675kmとなっている。

F1 Topic
安全性の向上を目指して改修され、ターン10は2003年以前に使用されていたレイアウトに似た緩やかなカーブになった
F1 Topic
改修されたバルセロナ-カタロニア・サーキットのターン10

 今回の変更は、主に2輪のレースで事故が多発していることを受けて、安全性を向上させるために行われたものだが、同時にオーバーテイクの機会も増やすことも目的としている。

 オーバーテイクを増やしたいのであれば、以前のようにヘアピン状にしておいたほうがブレーキング勝負ができるように思うが、あるレース関係者によれば、「かつてのレイアウトだとブレーキング勝負するには直前のストレート区間が短く、コーナー立ち上がりのコース幅が狭いため、あまり無理にインに飛び込むこともできず、かつブレーキングでインをブロックされるとクロスラインも取れず、オーバーテイクできなかった」という。それがコーナーのRを大きくしたことで「コーナー立ち上がりのラインが複数取れるため、ブレーキングで多少無理して飛び込むこともできるようになるし、相手がインを抑えたら、アウトからクロスラインを取って、立ち上がりで抜くことも可能になると思う」という。

 5月6日に、サーキットウォーク(ドライバーがエンジニアとともに歩いてコースを1周する作業)をした角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)はこうコメントしている。

「オーバーテイクはどうなんですかね。たぶん、あんまり変わらないと思います。でも少しは機会が増えるのかな。どちらかというと進入というよりコーナーの立ち上がりが広くなったので、そこで抜けるかも。(これまでターン10の立ち上がりは)微妙なアクセルワークだったのが、完全に踏みにくいような曲がり方なので、立ち上がり勝負っていうのもあると思う。また、(コーナーの立ち上がりがきつくなくなったので)進入でズバッと抜くこともあるので、機会は少し増えるかなと思います。でも、やってみないとわからないですけど」

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第4戦スペインGP エンジニアらとコースを歩く角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)