「トップチューナーの愛車は1000馬力のR35GT-R!」最初期モデルをベースに最強ストリート仕様を構築

「トップチューナーの愛車は1000馬力のR35GT-R!」最初期モデルをベースに最強ストリート仕様を構築

わずか1000メートルで300km/hに達する突進力

初期型モデルをベースに扱いやすい1000馬力仕様を構築!

東北エリアを代表する実力派チューニングショップ“スクリーン”が製作したこのR35GT-Rは、代表の千葉さんが所有する2007年の最初期モデルベースのチューンドだ。様々な仕様を経て、現在は実測1000psオーバーのストリート最強スペックに仕上げられている。

「ストリートでも乗れるし、サーキットも走れる。最近はお客さんとのツーリングで使っていますね。なんでもこなせる普段履きシューズみたいなクルマです」とは千葉さん。

エンジン本体はφ95.5鍛造ピストン、H断面コンロッド、95.5mmストローククランクなどで構成されるHKSのキャパシティアップグレードキットを用いて排気量を4.1L化。そこにGT1000フルタービンキットを合わせて、1022.5ps/130.7kgmという強烈な出力を発揮させている。カムは可変バルタイにも対応するHKS製で、GT1000タービンを効率よく回し切れるようにセットアップされる。

合わせてGR6ミッションはRH9独自のアッパープログラムメニューで強化し、クラッチプレートもドットソンの強化品へと変更(枚数も増加)することで、ビッグパワーを確実に駆動輪へと伝える環境を整えている。

HKSのサージタンクを使用して、霧化の良い純正インジェクターをノーマルの倍の数となる12本でドライブ。燃料ポンプも265L/h×2個にすることで、高出力を許容する燃料系を構築済みだ。

足回りはD2ストリートダンパー(F14kg/mm R12kg/mm)でセットアップし、ブレーキも同社のモノブロックキャリパーシステム(F8ポット+400mmローター R6ポット+380mmローター)で強化。

ホイールはボルクレーシングTE37ウルトラ・トラックエディションIIで、タイヤにはポテンザRE-71RS(285/35-20)を履く。ワイドフェンダーは前後ともにトップシークレット製のキットによるものだ。

レカロのRS-Gが2座セットされた室内には、AIMのGT320ステアリングをセット。内蔵されているメーターから情報が得られることはもちろん、各種インジケーターとしても機能する。R35GT-Rの車格を損なわないパーツチョイスが光る。

このチューンドをクローズドのテストコースに持ち込んで全開加速を行った結果、0-1000m加速タイムは19.38秒、1000m地点到達時の速度は298.49km/hという記録をマークした。

アタッカーを務めた飯田章選手は「パワーの盛り上がりは最高だし、足回りもノーマルより乗り心地が良い。全体的に初期型ベースとは思えないほどの完成度だね。今回はローンチスタートを使ったらクラッチが滑ってしまってアクセルを踏み抜けなかったけど、万全の状態だったら相当良い記録をマークできたと思うよ」とコメント。トラブルシュート後のリベンジに期待したい。

●取材協力:スクリーン 宮城県富谷市成田9-1-17 TEL:022-348-3761