【あなたは何しに?】元F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリに再会。4輪レースを始めたばかりの息子をサポート

 アルガルベ・サーキットのメディアセンターの下の階にある食堂へ行ったら、ルーチョ・カブートに出会った。カブートは元F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリのマネージャーなのだが、「どうして、ここへ?」と尋ねると、「ヤルノの息子がレースに出るんだ」とカブート。そしてこう続けた。「詳しくは、後ろのテーブルにいるヤルノに聞いて」

【あなたは何しに?】
一番右に写っているのがヤルノ・トゥルーリのマネージャーを務めるルーチョ・カブート

 そこで後ろのテーブルに目を移すと、そこにはヤルノがふたりの少年とランチを摂っているではないか。「やあ、久しぶり」と挨拶すると、「懐かしいじゃないか、マイ・フレンド」と言って、グータッチした。

 そして、ヤルノは同じテーブルに座っていたふたりを紹介してくれた。ひとりはヤルノの長男のエンツォくんで、もうひとりはエンツォのチームメートで、なんと同じくエンツォくん。ただし、こちらはアメリカ人でエンツォ・ションティくんだ。

【あなたは何しに?】
真ん中に立つのがヤルノ・トゥルーリ。右が息子のエンツォくん、左がチームメイトのエンツォ・ションティくん

 ふたりとも16歳で、4輪のレースは始めたばかり。今回、エントリーしていたユーロ・フォーミュラ・オープンはもちろん初参戦のルーキーである。そのレースは土曜日から日曜日にかけて3レース行われ、ヤルノの息子のほうのエンツォくんがレース3で見事3位表彰台を獲得。

【あなたは何しに?】
ユーロ・フォーミュラ・オープン開幕戦ポルティマオのレース3でエンツォ・トゥルーリが3位に入賞
【あなたは何しに?】
ユーロ・フォーミュラ・オープン開幕戦ポルティマオ レース3 3位に入賞したエンツォ・トゥルーリ。父ヤルノらが祝福

 カブート曰く、「才能はヤルノよりも上」というエンツォくんに将来の夢を聞くと「プロフェッショナルのレーシングドライバーとして、長くこの世界で戦っていきたい」と。軽はずみに「F1」を口にしないのは、父親がF1で味わった大変さを知っているからなのかどうかはわからないが、すでにカブートがマネージャーになっていることを考えると、ひょっとしたら、ひょっとするかもしれない。