「テスラは筑波で何秒出るの!?」名門レーシングチーム『タイサン』がモデル3でガチアタック!

「テスラは筑波で何秒出るの!?」名門レーシングチーム『タイサン』がモデル3でガチアタック!

純正パワーユニットでも高い戦闘力!

足回りのセッティングを煮詰め安定したパフォーマンスを発揮

このアドバンカラーが眩しいテスラ・モデル3は、かつてスーパーGT選手権で大活躍した名門チーム“チームタイサン”が手がけたチューンドだ。

ちなみに、テスラのモデル3は「スタンダード」「パフォーマンス」「ロングレンジ」の3タイプがラインナップされている。チームタイサンがベースとしたのは最もスポーティな「パフォーマンス」で、0-100キロ加速3.3秒という俊足を誇る。

動力系は前後にふたつのモーターを配置する4WD。アタック車両はパワーユニットには手を入れず、バッテリーの発熱対策としてオイルクーラーを増設しているのが大きなポイントだ。

ブレーキはアメリカのアンプラグドパフォーマンス製をインストール。6ポットモノブロックキャリパーと394mm2ピースドリルドローターの組み合わせだ。

サスペンションも同じくアンプラグドパフォーマンス製の車高調をセレクト。加えて調整式アームや強化スタビライザーなども投入し、サーキットに合わせたサスペンションセッティングを行っている。

タイヤはアドバンA050のGSコンパウンド(295/30-18)をセット。スタートからトルクがフルでかかるEVだけに、グリップ力の差はタイムに直結する重要なアイテムというわけだ。

アタック当日のベストタイムは1分1秒635。これは大排気量ターボモデルと同レベルの速さであり、1.8トンオーバーの車重を考えれば十分すぎる記録だ。タイムアタックシーンにも広がりつつあるEV化の波。ライトな仕様でここまでの性能を楽しめるとあれば、それも必然的なものと言えるだろう。