【F1第3戦無線レビュー(1)】「力強く行け! 君のクルマが最速だ」後退したボッタスにチーム代表が激励

 アルガルベ・サーキットで行われた2021年F1第3戦ポルトガルGP。昨年舗装されたサーキットの路面の状況は、今年に入っても改善されておらず、金曜日から苦戦するドライバーが多かった。決勝レースでも状況は変わらなかったが、そんなレースの模様を無線とともに振り返る

────────────────────

 昨年に続き、アルガルベ・サーキット2度目の開催となったポルトガルGP。初開催から半年以上が経ってコースコンディションは向上しているはずという予想は、見事に裏切られることになった。相変わらずグリップの低い路面、そこに絶え間なく吹く強風が加わって、挙動を乱すマシンが続出した。

 決勝当日の風はそれほど強くなかったが、多くのドライバーは最初から最後までタイヤマネージメントに手こずり続けた。

スタート直後、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)はターン3のブレーキングで右前輪をロックさせ、ミディアムのニュータイヤにフラットスポットを作ってしまう。

アルファタウリ・ホンダ:フロントに振動が出てるが、そのまま行けそうだ

 キミ・ライコネン(アルファロメオ)のクラッシュで2周目からセーフティカーが出たが、角田はステイアウトで走り続けた。しかしペースは上がらず、全ドライバー中もっとも早い21周目にハードに交換。その後も角田らしい速さはまったく影を潜め、15位完走が精一杯だった。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 Q2で11番手を記録し、Q3もあとわずか0.057秒と、予選では目覚ましい速さを見せたジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)も、レースでは不安定なマシン挙動に苦しみ続けた。

ラッセル:とてもじゃないが、運転できる状態じゃない!

 中盤26周目にそう叫んでいたラッセルは、後半41周目前後にも同じ訴えを繰り返した。11番グリッドからずるずると順位を落とし、16位チェッカーに終わった。

ウィリアムズ:ジョージ、16位だ
ラッセル:本当にタフな、サバイバルレースだった。コース上にマシンを留めておくので、精一杯だったよ

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 ラッセルのみならず、多くのドライバーがタイヤマネージメントに苦労していた。そんななか、ランド・ノリス(マクラーレン)は好調なペースを維持し、7番グリッドから5位入賞を果たした。ソフトからミディアムに履き替えた数周後の中盤30周目前後には、担当エンジニアのアンドリュー・ジャービスが、こんなメッセージを送った。

マクラーレン:ランド、ヒロシがソフトタイヤをチェックして、すごくいい走りだったと言っている。今のタイヤには軽いささくれ摩耗が出るかもしれないが、走ってるうちに消えるはずだ

 ヒロシというのは、マクラーレンの現場チーフエンジニアで、元ブリヂストンのレーシングタイヤ開発エンジニアだった今井弘さんを指す。今井エンジニアは今でも、走り終えたタイヤのチェックを欠かさない。そんな今井エンジニアの豊富な知見なしには、同チームのタイヤ戦略は機能しない。わざわざ無線で「ヒロシ」という名前を出すほどに、今井エンジニアへのチームの信頼は厚い。

ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第3戦ポルトガルGP ランド・ノリス(マクラーレン)

 一方44周目にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)に対し、トト・ウォルフ代表が直々に激励のメッセージを飛ばした。

ウォルフ代表:力強く行け! 君のクルマが最速だ

 ウォルフはメルセデスのチーム代表であると同時に、ボッタスのマネージメントにも関わっている。前戦イモラではまったくいいところがないままクラッシュを喫し、この週末もポールからスタートしながら3番手に後退。そんな不甲斐ない走りに、思わず無線のスイッチを入れてしまったのかもしれない。

────────────────────
(2)に続く