WEC開幕戦スパ・フランコルシャン6時間、ワークスポルシェ92号車がトップでフィニッシュ 【動画】

WEC開幕戦スパ・フランコルシャン6時間、ワークスポルシェ92号車がトップでフィニッシュ 【動画】

Porsche 911 RSR

ポルシェ911 RSR

ジャニとエストーレがLM GTE-Proクラスで勝利

5月1日、2021年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦スパ・フランコルシャン6時間の決勝レースが開催された。92号車のポルシェ911 RSRをドライブしたファクトリードライバーのニール・ジャニとケビン・エストーレが、LM GTE-Proクラスで勝利を飾っている。

金曜日の予選でラップレコードを記録してポールポジションを獲得したエストーレは、2020年に続きスパ6時間で2連覇を達成。一方、今回がポルシェ・ワークスからGTレース初参戦となったジャニは、デビューラウンドを勝利で飾った。

WEC オペレーションマネージャーのアレキサンダー・シュテーリッヒは、開幕戦を終えて次のようにコメントした。

「昨年のスパと同様に、今シーズンも勝利でスタートすることができました。何度もパンクに見舞われる激しいレースでしたが、そのほとんどがコース上に残されたデブリによるものでしたね。シーズンのスタートとしては、これ以上は望めないでしょう」

WEC開幕戦スパ・フランコルシャン6時間、ワークスポルシェ92号車がトップでフィニッシュ

92号車のポルシェ911 RSRがポール・トゥ・ウィン

決勝は晴天に恵まれ、ドライコンディションのなか安定したスタートを決めたエストーレがトップに立つ。さらに911 RSRのポテンシャルを最大限に引き出し、3周目には2番手以下に約15秒ものアドバンテージを築いた。その後、パンクにより早めのピットインを余儀なくされたものの、エストーレの勢いは止まらない。

ドライブを引き継いだジャニは、GTE-Proクラス初参戦にもかかわらずトップを守って再びエストーレに最終スティントを託す。エストーレは2位のフェラーリ 488 GTEに約35秒差をつけてフィニッシュし、開幕戦で勝利を手にした。

「今回のレースは、側から見るほど簡単ではありませんでした。ポルシェ・ワークスは2台ともパンクをしていますからね。早めのタイヤ交換したためピットストップのリズムを崩し、結果的に追加のピットストップが必要になってしまいました。まさに一か八かの状態だったのです」と、エストーレは冷静にレースを振り返った。

「それでも最終的にはすべてが上手くいき、トップフィニッシュできました。チームメイトのニールは、WECでポルシェ911 RSRを初めて走らせたにもかかわらず、素晴らしい仕事をしてくれました」

WEC開幕戦スパ・フランコルシャン6時間、ワークスポルシェ92号車がトップでフィニッシュ

91号車はリヤにダメージを負いながらも5位入賞

91号車をドライブしたリヒャルト・リエツとジャンマリア・ブルーニは3番グリッドからスタート。しかしスタートに失敗し、序盤からトラフィックに巻き込まれたことで順位を上げることができない。92号車同様にパンクに見舞われた上、レース中盤はトヨタのハイパーカーにも追突され、リヤセクションの交換を余儀なくされていまう。

それでも5位まで順位を上げて、貴重なポイントをチームに持ち帰ったブルーニだったが、レース後に悔しさをのぞかせた。

「今回のレースはたくさんのネガティブな出来事がありました。何度もパンクしたり、オーバーテイクがうまくいかなかったり、最後にはリヤセクションにダメージを負ってしまうというアクシデントにも見舞われました。今日は本当に運が悪かったと思います」

「もちろんチームメイトの優勝は素晴らしいことですし、とても嬉しいですね。レース全体を振り返ると、ポルシェのために多くのポイントを獲得できたので悪くなかったと思います」