いよいよニュルで最終仕上げへ! BMWの高性能2ドア・新型「M2」をキャッチ

■攻撃的なトランクリッドスポイラー装着、市販型ではFRとxDriveを設定か

BMWスポーツの伝統を継承する2ドアスポーツ・2シリーズクーペのハードコアモデル「M2」の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW M2_001
BMW M2 次期型プロトタイプ

ニュルブルクリンクへ向かうプロトタイプは、フロントエンドやリアエンド、ドアハンドル、さらにリアクォーターウィンドウのホフマイスターデザインを厳重にカモフラージュしています。

しかし、フレア加工されたフェンダー、大径ホイール、攻撃的なトランクリッドスポイラー、Mブルーで塗装されたドリルドブレーキローターとキャリパーを装備しているほか、「M3」や「M4」と非常によく似た円形クワッドエキゾーストパイプがインストールされています。

BMW M2_011
BMW M2 次期型プロトタイプ

パワートレインは、M3セダン、およびM4クーペに搭載されている3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンのデチューンバージョンが予想されます。

直列6気筒のS58エンジンは最高出力480ps・最大トルク550Nmを発揮しますが、M2クーペでは420ps程度と予想されます。

2シリーズ以下すべてのモデルが前輪駆動に変更されていますが、2シリーズクーペだけは例外でFRを標準装備。オプションで全輪駆動のxDriveも用意されます。

トランスミッションは、デュアルクラッチオートトランスミッションに加えて6速MTも設定されるでしょう。

BWMでは2シリーズクーペを年末までに発表予定のため、M2は2022年内と予想されています。市販型ではM3/M4の巨大グリルの採用、コンバーチブルやEVバージョンの設定など興味が尽きません。

(APOLLO)