「HKSが輸入車チューニングを本格始動」アバルト595から攻略スタートだ!

「HKSが輸入車チューニングを本格始動」アバルト595から攻略スタートだ!

将来的にはタービン交換まで視野に!

アバルト595のチューニングベースとしての素性は良好

パーツメーカー“HKS”が、活発化している輸入車のチューニングシーンへの本格参入を表明した。プロジェクトリーダーの赤塚さんは「輸入車は拘って乗っている方が多い。そんなオーナーの期待に応えられる用品を展開します」と力強く宣言する。

その新プロジェクトの第1弾に選ばれた車種は、アバルト595。開発車両としてコンペティツォーネを導入し、ブーストアップを軸にしたパワーチューニングを敢行。それにともなって投入された試作パーツ群は、今夏のデリバリーを目標に検証作業を進めている真っ最中だ。

まずパワー系から。ギャレットタービンを搭載するシリーズ4(現行)コンペティツィオーネは、中間域でパワーが鈍る領域が存在する。それを改善するべく、車両の圧力センサーにカプラーオンするだけでブーストアップが可能になる『パワーエディター』を導入。現在はセッティングを煮詰めている段階だが、すでに体感レベルで違いが分かるほどだという。

パワーエディターの効果(テスト段階)を示すパワーグラフがこちら。純正は3000rpm辺りからパワー&トルクの伸びが鈍っているが、パワーエディター化によって綺麗な山なりの曲線を描くようになっている。

一方のエキゾースト環境は、コンペティツィオーネの標準マフラー(レコードモンツァ)が排圧感応式バルブ式ということもあり、HKSもバルブ付きで開発を進めている。

試作品は、センターパイプ部にバルブとバイパスパイプを配置。将来的にタービン交換メニューも視野に入れているため、相応のメインパイプ径が確保されている。

車高調も試作モデルを投入。HKSのサスペンションテクノロジーが投入された『ハイパーマックスS』基準でテストを行っているが、アバルト595はリヤサスの構造(スペース不足やダンパー角など)に難があり、理想の特性に仕上げるのは簡単ではないとのこと。HKSではリヤダンパーを倒立式にしつつ、バンプラバーまで含めたトータルチューニングでこの難題に正面から取り込んでいる最中だ。

ちなみに、取材時はリヤサスの突き上げ感がまだ納得いかない様子だったが、敷地内で試乗した感想は「17インチ仕様でこれなら十分では!?」というレベル。製品版がここからどこまで進化するのか、今から楽しみだ。

●問い合わせ:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235