フェラーリ、812 コンペティツィオーネをワールドプレミア! クーペとオープンを用意しV12エンジンは高回転型にアップデート

フェラーリ、812 コンペティツィオーネをワールドプレミア! クーペとオープンを用意しV12エンジンは高回転型にアップデート

Ferrari 812 Competizione / 812 Competizione A

フェラーリ 812 コンペティツィオーネ/コンペティツィオーネ A

脱着式ルーフのオープン仕様も同時お披露目

フェラーリは2021年5月5日、最新のV12スペシャルモデルシリーズ「812 コンペティツィオーネ(812 Competizione)」及び“タルガトップ”仕様の「812 コンペティツィオーネ A(812 Competizione A)」をワールドプレミアした。Aはオープンを意味するイタリア語apertaの頭字語で、脱着式のカーボンルーフを搭載する。いずれも限定生産で、クーペが999台、オープンボディが549台のみの販売となる。

車両価格は本国仕様でクーペが49万9000ユーロ(約6545万円)で、オープンボディが57万8000ユーロ(約7580万円)。

フェラーリ 812 コンペティツィオーネおよびフェラーリ 812 コンペティツィオーネ A

レブリミットは9500回転!

812 スーパーファストベースの最新スペチアーレは、マラネッロ伝統の65度バンクをもつ6.5リッターV12エンジンを搭載する。主要コンポーネントの多くを再設計したうえ、バルブタイミングシステムやエキゾーストシステムも刷新。最高出力をベース車比+30cvの830cvまで引き上げつつ、最高回転数も8900rpmから9500rpmに高めている。

バルブトレインとシリンダーヘッドは完全な新設計で、F1の知見を活かしたバルブシステムを採用。スチール製より40%軽量なチタン製コンロッドや、ダイヤモンドライクカーボン(DLC)コーティングを施したピストンピンに加え、クランクシャフトもバランス取りを改めて実施。こちらも3%の軽量化を図っているという。

812 コンペティツィオーネの最高速度は340km/hに達し、0-100km/h加速は2.85秒。フィオラーノのラップタイムは1分20秒を記録している。

フェラーリ 812 コンペティツィオーネ Aのコクピット

後輪操舵システムを導入

組み合わせる7速デュアルクラッチトランスミッションも、変速時間を5%短縮するなど専用にチューン。シャシーにも4輪操舵システムを新たに採用して車両の敏捷性をより一層研ぎ澄ますとともに、車両運動に関わる各デバイスを統合制御する「サイド・スリップ・コントロール」についても、最新のバージョン7.0を導入した。

エクステリアとコクピットに幅広くカーボンファイバー素材を採用するなど軽量化も追求。ベース車の1630kgをさらに下回る軽やかな体躯を手に入れている。フェラーリのV12モデルとしては初となる総カーボンファイバー製リムのホイールも用意し、鍛造ホイール比で3.7kgの重量削減も可能になった。

フェラーリ 812 コンペティツィオーネのリヤビュー

リヤスクリーンはアルミニウム構造

フロントボンネットを横切るカーボンファイバー製ブレードは、エンジンコンパートメントから繋がる排気口を隠すとともに、かつてのレーシングモデルも彷彿させるデザイン的役割ももつ。

また、ダウンフォース量を最大化するべく、エアロダイナミクス面も大幅に改良。フロントエアインテークやリヤディフューザー、エキゾースト周りを一新したうえ、クーペモデルには特許を取得したボルテックス・ジェネレーター付きリヤスクリーンを採用した。ちなみにこのリヤスクリーンはガラスではなく、一体成型のアルミニウム構造となる。これにより、性能面だけでなく車両全体の彫刻的フォルムを強調。後方視界については「リヤビューカメラが付いているので可視性は問題ない」としている。

フェラーリ 812 コンペティツィオーネ Aのリヤビュー

812 コンペティツィオーネのデリバリーは欧州市場からスタート。クーペが2022年第一四半期から、オープンボディが2022年第4四半期からの出荷を予定しているという。