チーム・ペンスキーがポルシェ・ワークスとしてWEC&IMSAに参戦。2023年からLMDhで

 ポルシェは5月4日、チーム・ペンスキーをパートナーとして、LMDhカテゴリーにおけるグローバルなファクトリー・プログラムを実施すると発表した。2023年からWEC世界耐久選手権とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に、“ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツ”として、それぞれ2台のLMDh車両を送り込む。

 LMDhは現在IMSA最高峰カテゴリーで採用されているDPiの次期規定であり、IMSAとACOフランス西部自動車クラブとのコラボレーションにより、WECのハイパーカークラスにも参戦可能となる。ポルシェは2020年の12月に、このカテゴリーでスポーツカーレースに復帰することを表明していた。

ポルシェが発表しているLMDh車両のイメージ
ポルシェが発表しているLMDh車両のイメージ

 今回発表された複数年契約は、ロジャー・ペンスキー、ポルシェ会長のオリバー・ブルーメ、ポルシェの研究開発部門のエグゼクティブ・ボードメンバーであるマイケル・シュタイナー博士によって署名された。

「今日は我々ペンスキーの組織全体にとって、誇るべき日である」とロジャー・ペンスキーは述べている。

「我々は60年以上にわたって、トラック上あるいは我々のビジネスにおいて、ポルシェを代表してきた。我々がともに味わってきたヘリテージと成功は、我々の歴史を通して比類なきものである」

「ポルシェとともにグローバルなレースプログラムを構築し、将来にわたって勝利と選手権を競い始めることが待ちきれない」

 ポルシェのブルーメは次のように付け加えた。

「チーム・ペンスキーとともにこのパートナーシップを作り上げることができて嬉しく思う」

「ポルシェ・モータースポーツの歴史のなかで初めて、我々の会社は世界でふたつの大きな耐久シリーズで競うグローバルチームを手にすることになる」

「この目的のため、我々は大西洋の両側にチームの拠点を置く」

「これにより、ル・マン、デイトナ、セブリングといったレースで総合優勝を収めるために必要な、最適な体制を築くことができる」

 ポルシェとペンスキーの最後の協業は、2009年にグランダム・シリーズで実施された1年間のDP(デイトナ・プロトタイプ/DPiの前身)となるが、2006〜2008年のアメリカン・ル・マン・シリーズでは、ポルシェRSスパイダーで3年連続のLMP2タイトルを獲得している。これは、ポルシェ・モータースポーツのボスであるフリッツ・エンツィンガーによれば、「現在へと続くインパクト」を残したという。

ポルシェがペンスキーを通じてALMSに投入していたRSスパイダー
ポルシェがペンスキーを通じてALMSに投入していたRSスパイダー

 ペンスキーにおける近年のスポーツカーレース・プログラムとしては、ウェザーテック選手権でのアキュラDPiとのジョイントが挙げられる。2年連続タイトルを含む3年間の参戦を経て、2020年にプログラムは終了していた。

「チーム・ペンスキーは、モータースポーツにおいてほぼ比類のないサクセスストーリーで名を馳せてきた」とエンツィンガーは語っている。

「だが、現在までの長い勝利のリストのなかには、ル・マンという名が欠落している」

「2023年には、ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツとしてこの成功を達成できることを願っている」

「それは、サルト・サーキットにおけるポルシェの20回目の総合優勝を意味する。夢の実現だ」

 ポルシェ・モータースポーツは、ノースカロライナ州ムーアズビルにあるペンスキーの本社からチームの本拠を運営し、WECのコンポーネントに対してはヨーロッパにも拠点を置く予定だ。

■ポルシェLMDhのベースシャシーはマルチマチックか

 このペンスキーのファクトリー・プログラムがある一方で、2023年までに欧米の両シリーズに出場するカスタマーに対してLMDh車両を供給する計画は、依然として進行中だという。

 これは、将来のLMDhプログラムが、昨年までのIMSAにおけるペンスキーとアキュラとの関係性とは異なることを示唆している。アキュラとのプログラムにおいてペンスキーは、ARX-05のパッケージの独占権を保持していた。

「我々が手にする4台のファクトリーカーだけでなく、カスタマーチームのためにも、我々は成功を祈ることになるだろう」とシュタイナーは語っている。

「新しいLMDh車両は、早ければ2023年シーズンにも双方のシリーズにカスタマーカーとしても投入される」

「これらのパートナーチームには、我々からの完全なサポートが提供される。ファクトリープログラムにおいて得られた知見はすべて、彼らカスタマーと共有される」

 ポルシェはまだこのプロジェクトにおけるシャシー・パートナーを明らかにしていないが、カナダを拠点とするマルチマチックであると広く信じられている。マルチマチックは現在、2021シーズン限りで終了するマツダのDPiプログラムに参画している。

2020年までアキュラ・チーム・ペンスキーがIMSAで走らせていたアキュラのDPiマシン、ARX-05
2020年までアキュラ・チーム・ペンスキーがIMSAで走らせていたアキュラのDPiマシン、ARX-05