アルファロメオのクビサがF1スペインGPのFP1に登場。18インチタイヤテストも担当

 アルファロメオ・レーシング・オーレンは、リザーブドライバーのロバート・クビサが、F1第4戦スペインGPのフリープラクティス1回目に登場することを発表した。グランプリ後の2022年用18インチタイヤ開発テストも担当するということだ。

 クビサは今年2月、バルセロナでアルファロメオC41のシェイクダウンを行った。グランプリウイークエンドのFP1で走行するのは今年初めてとなる。スペインのFP1で、クビサはキミ・ライコネンのマシンで走行する。

 アルファロメオは、5月11日と12日にピレリがバルセロナで実施する18インチタイヤ開発テストを担当することになっており、2日間を通して、クビサが走行を行うということだ。

 クビサは「C41に乗るのは2月のバルセロナ以来だから、マシンがどれだけ進歩したのか確認するのが楽しみだ」と語った。

アルファロメオが2021年型F1マシン『C41』のシェイクダウン(ロバート・クビサ)
アルファロメオが2021年型F1マシン『C41』のシェイクダウン(ロバート・クビサ)

「アップデートと、チームがパッケージへの理解を進めたことの両方によって、マシンは進歩したはずだ。F1カーで走るのは特別な経験だし、チームの中団での戦いに貢献したいと思っている」

「18インチタイヤで走るのは初めての経験になる。来年到来する新しい世界を初めて試す機会を楽しみにしている」