第2戦富士でGT300首位快走も悔しいリタイア。埼玉トヨペットGB GR Supra GTのトラブルは駆動系

 5月4日、静岡県の富士スピードウェイで開催された2021年スーパーGT第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE』の決勝。GT300クラスでは、タイヤ無交換作戦を成功させた埼玉トヨペットGB GR Supra GTがレース終盤までトップをキープしていたが、97周目、まさかのスローダウンを喫しピットイン。勝利を逃す悔しい結果となった。チームによれば、トラブルは駆動系によるものだという。

 予選4番手からスタートした埼玉トヨペットGB GR Supra GTは、吉田広樹がスタートドライバーを担当。早めのピットインを行い、吉田から川合孝汰に交代。このタイミングでタイヤ無交換作戦を敢行すると、その後もハイペースをキープ。2回目のピットイン後、ふたたびトップに立った吉田は首位を守り、2020年に2勝を飾っている得意の富士で今季初優勝が見えていた。

 終盤、吉田は2番手以下が競り合っていたこともあり、7秒前後のリードを守りながらチェッカーを目指していたが、97周目、まさかのスローダウンを喫しそのままピットへ。レースを終えることになってしまった。

「勝ちが見えた瞬間くらいの出来事だったので……。悔しいですね」とレース後、青柳浩監督は苦い表情を浮かべた。

「まだ原因は突き詰めてはいないのでなんとも言えませんが」としつつも、トラブルは駆動系によるものだという。

 展開としては勝利は確実だっただけに、悔しさもひとしおだろう。第1戦岡山では3位表彰台と、なかなか勝利には届いておらず、目標とするタイトルに向けて次戦以降の巻き返しが必須となってきた。