ランボルギーニ ウラカン GT3 EVO、絶好調! GTワールドチャレンジ・アメリカ第3/第4戦を制し開幕から4連勝を飾る

ランボルギーニ ウラカン GT3 EVO、絶好調! GTワールドチャレンジ・アメリカ第3/第4戦を制し開幕から4連勝を飾る

Lamborghini Huracan GT3 EVO

ランボルギーニ ウラカン GT3 EVO

K-PAXレーシングが開幕4連勝を達成

4月30~5月2日、テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)において、2021年シーズンの「GTワールドチャレンジ・アメリカ(GT World Challenge America powered by AWS)」第3戦/第4戦が開催された。

ファクトリードライバーのアンドレア・カルダレッリとジョーダン・ペッパーのコンビが、K-PAXレーシングからランボルギーニ ウラカン GT3 EVO(3号車)で参戦し、第3戦で勝利。続く第4戦では、こちらもファクトリードライバーのジョバンニ・ベントゥリーニとコリー・ルイスがドライブした6号車が、最終ラップで3号車をパスし、シーズン初勝利を挙げた。この結果、K-PAXレーシングは開幕からの連勝記録を4に伸ばしている。

GTワールドチャレンジ・アメリカ第3戦・第4戦COTAラウンド、ランボルギーニ ウラカン GT3 EVOが2連勝

降り始めた雨にもクレバーに対応した3号車

晴天に恵まれたフリープラクティスでは、こちらもファクトリードライバーのジャコモ・アルトエが駆るTR3 モータースポーツのウラカン GT3 EVOが、FP1で3番手、FP2で2番手タイムを記録。一方、予選ではペッパーがドライブした3号車が、チームメイトの6号車に0.5秒弱の差をつけてポールポジションを獲得した。

5月1日の第3戦決勝、3号車のスタートドライバーはペッパー。スタート直後はマイケル・ディナンのBMW M6に先行されたものの開始5分でトップに返り咲く。一方、予選2番手からスタートした6号車のベントゥリーニもBMWの後塵を拝し、さらにマシントラブルが発生するなど、厳しいレース展開を強いられることになった。

レース中盤に入るとコース上に雨が落ち始め、路面が濡れてくる。多くのクルーがピットインし、ピレリのスリックタイヤからウェットタイヤに変更。先頭を走るペッパーは後続よりも1周遅れでピットインし、カルダレッリと交代後も3号車がリードをキープした。その後、雨脚が強まったためレースオフィシャルはフルコースイエローを導入し、残り9分でレースが終了。その時点でトップを走行していた3号車が開幕戦からの連勝記録を3に伸ばしている。

GTワールドチャレンジ・アメリカ第3戦・第4戦COTAラウンド、ランボルギーニ ウラカン GT3 EVOが2連勝

最終ラップで6号車が3号車をオーバーテイク

5月2日に行われた第4戦決勝は、一転して完全なドライコンディションで行われた。カルダレッリがスタートドライバーを担当した3号車はスタート直後に集団に飲み込まれてしまい、1周目を終えた段階で13番手まで順位を落としてしまう。それでも猛アタックを開始したカルダレッリは、ペッパーと交代するまでに総合6番手、プロクラス3番手までポジションを引き上げて見せた。

カルダレッリからバトンタッチされたペッパーは、コース上に散らばったデブリによりフルコースイエローが導入されたこともあり、先行車との差を一気に縮め、残り20分の段階でついにトップに立つ。このまま3号車が連勝を飾るかと思われたが、最終ラップの12コーナーのブレーキングで、2番手に付けていた6号車のベントゥリーニがチームメイトをオーバーテイク。シーズン初勝利をにした。

TR3 モータースポーツのアルトエとジアド・ガンドールは、序盤上位につけていたものの、ピットストップ後に失速。ゼルス・モータースポーツのウラカン GT3 EVOをドライブしたジェイソン・ハーワードとマディソン・スノーのコンビは第3戦で5位、第4戦でも4位に入っている。