ラッセル「信じられないほど難しいレース。クルマがコンディションに合わなかった」:ウイリアムズ F1第3戦決勝

 2021年F1第3戦ポルトガルGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは16位、ニコラス・ラティフィは18位でレースを終えた。

■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=16位

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 予選の好成績を受けて、チームの全員がさらに上を目指していたが、レースは信じられないほど難しいものになった。僕らのクルマは今日みたいなコンディションには合わず、風が強い状況ではひどい苦労を強いられたんだ。

 結果は残念だったけど、明るい面を見るとすれば、それはこのクルマの長所と短所が明らかになったことだ。もう少し落ち着いたコンディションで、僕らの長所が生かせそうな時に、成績面でのさらなる前進を期待するしかない。

■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=18位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 厳しいレースだった。僕らはいつもレース序盤にペースが上がらず苦戦している。ジョージ(・ラッセル)が僕よりずっと上のグリッドからスタートしながら、最初の2〜3周を終えた時には同じように最後尾付近まで落ちていたのが、その何よりの証拠だ。スタート直後はクルマがひどくナーバスなんだ。これについてはしっかり分析をして、解決方法を探す必要がある。それが今の僕らに欠けていることのひとつであるのは間違いない。バルセロナへ向かう前に、何とか改善を試みないといけない。