ルクレール6位「他のマシンよりもグレイニングがひどく、満足いく結果を出せなかった」フェラーリ/F1第3戦

 2021年F1ポルトガルGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは8番グリッドから6位を獲得した。カルロス・サインツJr.は5番グリッドから11位でフィニッシュした。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 決勝=6位
 6位では満足できない。この週末は全体として、僕自身のベストなパフォーマンスを発揮できなかった。とはいえ、レースでのドライビングに関しては、悪くない仕事ができたと思う。

 最初のスティントではいいスタートを決めたが、僕もカルロス(・サインツJr.)もミディアムタイヤのひどいグレイニングに苦しんだ。なぜか他のドライバーたちは、それほど苦労していなかったようだけどね。チームとして、何が起きていたのかを理解する必要がある。

 5位フィニッシュは可能だったかもしれないが、さらに大きく順位を上げることはできなかったと思う。

2021年F1第3戦ポルトガルGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
カルロス・サインツ 決勝=11位
 あまりいい一日ではなかったね。スタートは良かったものの、ピットストップの後はとても厳しいレースになった。

 最初のスティントは、ソフトタイヤでランド(・ノリス)を追っていて、すごくいい感じだったんだ。けれども、かなり早めにミディアムに履き替えてアンダーカットを狙ったところ、それがうまく行かなかった。その後はグレイニングが激しくて、最後まで走り切るだけでもたいへんな苦労を強いられた。

 本当にガッカリだよ。今日はポイントを稼ぐいい機会になると思っていたからね。レースについて分析し、戦略、タイヤ、クルマの挙動から学ぶつもりだ。

2021年F1第3戦ポルトガルGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第3戦ポルトガルGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)