新星パト・オワードがインディカー初優勝【順位結果】インディカー第4戦テキサス決勝レース

 テキサス・モータースピードウェイを舞台にダブルヘッダーで開催されたインディカー・シリーズ。2日に行われた第4戦は、パト・オワード(アロウ・マクラーレンSP)がインディカー初優勝を挙げた。

 佐藤琢磨は、作戦が振るわず14位でレースを終えている。

 前日より2時間早くスタートとなったテキサスでのダブルヘッダー・レース2は、スタート直後にマルチクラッシュが発生し、6台がリタイアして幕を開ける。

 序盤は、前日のウイナー、スコット・ディクソンとアレックス・パロウのチップ・ガナッシ2台がレースをリードする展開だったが、レース中盤のイエローコーションでトップ争いも変化。

 レース終盤は、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)とパト・オワードがトップ争いを展開し、ニューガーデンを交わしたオワードがインディカー初優勝を飾った。

 佐藤琢磨は、終盤ステイアウトしてトップを走るも状況は好転せず、14位でレースを終えた。

■NTTインディカー・シリーズ第4戦テキサス決勝レース結果

Pos. No. Driver Team Engine Laps SP
1 5 P.オワード アロウ・マクラーレンSP C 248 4
2 2 J.ニューガーデン チーム・ペンスキー C 248 6
3 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 248 9
4 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 248 1
5 26 C.ハータ アンドレッティ・オートスポート H 248 10
6 22 S.パジェノー チーム・ペンスキー C 248 8
7 10 A.パロウ チップ・ガナッシ H 248 2
8 3 S.マクラフラン チーム・ペンスキー C 248 7
9 21 R.ヴィーケイ エド・カーペンター・レーシング C 248 12
10 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 248 21
11 20 E.カーペンター エド・カーペンター・レーシング C 248 19
12 8 M.エリクソン チップ・ガナッシ H 248 13
13 12 W.パワー チーム・ペンスキー C 248 3
14 30 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン H 247 11
15 48 T.カナーン チップ・ガナッシ H 246 20
16 7 F.ローゼンクヴィスト アロウ・マクラーレンSP C 246 17
17 60 J.ハーベイ メイヤー・シャンク・レーシング H 115 5
18 29 J.ヒンチクリフ アンドレッティ・オートスポート H 30 22
19 14 S.ブルデー A.J.フォイト・レーシング C 0 14
20 27 A.ロッシ アンドレッティ・オートスポート H 0 15
21 51 P.フィッティパルディ デイル・コイン・ウィズ・RWR H 0 16
22 18 E.ジョーンズ デイル・コイン・レーシング H 0 18
23 4 D.ケレット A.J.フォイト・レーシング C 0 23
24 59 C.デイリー カーリン C 0 24