「D1GP創世記をプレイバック」真紅のJZZ30ソアラに拘る上野高広にズームイン!【V-OPT】

「D1GP創世記をプレイバック」真紅のJZZ30ソアラに拘る上野高広にズームイン!【V-OPT】

プロドリ列伝 上野高広 特集 V-OPT.081②

今回の主役は、D1グランプリ開幕元年となる2001年から長きに渡ってJZZ30ソアラで挑み続けた上野高広選手。まさに30系ソアラチューニングのカリスマ的存在だが、そんな男の2000年当時の愛機から振り返っていく。

初期のD1グランプリは、ほぼ全員が普段も使っているマイカーを持ちこんでいた。上野選手もその例に漏れず、神奈川ベイエリアを駆け抜けたストリート仕様だったが「どうしてもソアラで勝ちたい」という強い想いから各部をモディファイ。世界一のJZZ30ドリフト仕様を目指しながら戦っていたのだ。