ボルボのバッテリーEV「XC40リチャージ」が米国道路安全保険協会のトップセーフティピックプラスを獲得

■全ラインナップがIIHSトップセーフティピックプラスを獲得した唯一の自動車メーカー

安全を社是としているボルボ。2021年4月27日、EV(バッテリーEV)のボルボXC40リチャージが、米国道路安全保険協会(IIHS)の「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表しました。

同車が「TSP+」に加わったことで、ボルボの全ラインナップが「TSP+」を達成。同一ブランドで全車「TSP+」を獲得しているのは、ボルボが唯一とのこと。

ボルボXC40リチャージ
「Volvo XC40 Recharge P8」の充電イメージ

日本には2021年内に導入される見込みのボルボXC40リチャージは、EVである小型SUVとして初の「TSP+」受賞になります。

2013年に「TSP+」の表彰が始まって以来、ボルボは自動車メーカーとして単年度で最も多くの「TSP+」賞を獲得していましたが、3月の記録にさらに1台加わったことになります。

IIHSは、最高レベルの安全性を提供するクルマに「TSP+」を授与しています。ボルボは2021年2月に9つ、3月に5つ、そして4月に1つの「TSP」+賞に加え、2021年には合計15の「TSP+」を獲得。ボルボは、前方衝突警告や緊急自動ブレーキなどの安全システムを標準装備し、歩行者や自転車、対向車などに対する先進的な衝突防止機能と組み合わせています。

ボルボ
ボルボのラインナップ

なお、ボルボXC40リチャージ以外の「TSP+」を獲得した車両は以下のとおりです。

●2021年3月31日時点での「IIHS」「TSP+」受賞車。

S90(2020年9月以降生産車両)
S90 Recharge(2020年9月以降生産車両)
V90(2020年9月以降生産車両)、
V90 Cross Country(2020年9月以降生産車両)
S60、S60 Recharge、V60、V60 Recharge、V60 Cross Country、XC40、XC60 Recharge、XC90、XC90 Recharge。

近年のボルボは、安全はもちろん、スカンジナビアンデザインによるセンスフルな内外装、洗練された快適な乗り味も魅力で、電動化もいち早く表明しています。

塚田 勝弘